見つけたお札が700万円→若者のためにおばあちゃんが寄付し賞賛が集まる

写真拡大

昨年来英国で人々に驚きを与え、その興味をかき立ててきたある紙幣の裏話として、心温まるエピソードをご紹介したい。

北アイルランドのエニスキレンに住む女性が見つけた5ポンド札。

この世に4枚しかない紙幣

5ポンドは日本円でおよそ700円に相当するが、この紙幣は希少価値の高いもので、その1万倍にあたる5万ポンド(約700万円)の価値があると判明した。

英国の女性小説家、ジェーン・オースティンの小さな肖像が刻まれている特別なデザインで、この世に流通している紙幣の数はわずか4枚。

所在が明らかになったのはこれで3枚目で、残るはあと1枚だという。

匿名で郵送し寄付

それだけ貴重かつ高価な紙幣だが、女性はこれをスコットランドにあるアートギャラリー、「Tony Huggins-Haig Gallery」に送り、こう伝えてきた。

「私がこの年になって持っていても仕方がありません。どうか若い人たちのために役立てて下さい」と。

匿名で書かれたメッセージとお札がこちら▼

Tony Huggins-Haig Gallery/Facebook

Tony Huggins-Haig Gallery/Facebook

この紙幣の刻印に携わり、同ギャラリーとのつながりも深いグラハム・ショート氏は、自身のブログにて、「見つけた紙幣を”若者のために使って”と送ってきた女性に、我々も大変驚いた」と綴っている。

くだんのエピソードは複数の海外メディアでも取り上げられ、「なんて素敵な女性」「彼女の善意は多くの子ども達のために役立てられるでしょう」「美しい話」「世の中には本当に心がきれいな人がいるものですね」と称賛されている。