スターシップの「愛はとまらない」が反同性婚表明企業CM曲に、曲のヴォーカリストが使用を許可した意図とは?

写真拡大

 経営陣が反同性婚の立場を明確にしていることで有名な米企業Chick-fil-A(チック・フィル・エー)のTVコマーシャルで、スターシップの1987年のヒット曲「愛はとまらない/Nothing’s Gonna Stop Us Now」が使用された。このCMは、2017年2月12日(現地時間)に開催された【第59回グラミー賞】授賞式の放送中に初めて流れた。

 同楽曲でボーカルを務めた元メンバーのグレイス・スリックが、楽曲の使用を許可した意図を表明した。

 フォーブスに寄せたコラムでスリックは、「(あのCMで)皆さんが聞いたのは私の声です。私はあの広告で得た収入の全てをLambda Legalに寄付します。LGBTQの人々やHIVを抱えて生きる全ての人々の人権の向上に尽力している、全国で最も大きな法律扶助組織です。Chick-fil-Aが別の誰かの曲を使うことで、反LGBTQ勢力へ反撃する機会を失うくらいなら、あの企業が支持する運動に真っ向から反対することにお金を使い、同時にさらし者にしてやろうと決めたのです。(Chick-fil-A)からいくらか取り、(返すべきところへ)返金するのです」と自分の考えを綴った。

 「私は、最高入札者に魂を売るようなアーティストばかりじゃなくて、ミュージシャンが自分の立場を明確にしていた時代の人間なのです。歌のメッセージが”feed your wallet”(金持ちになれ)ではなく、”feed your head”(頭を満足させろ)だった時代。今こそ、そのような芸術的誠実さが求められています。全ての人々や可能性を受け入れる用意がなければ、口で言うだけでなく行動で証明しなければ、良質な芸術を生み出すことはできません」とジェファーソン・エアプレインの曲「ホワイト・ラビット」の歌詞を引用して訴えた。

 そして彼女は他のアーティストたちに、「自分の態度を明確にすることを恐れないでください。アーティストとはそういうものなのです。もっと多くのミュージシャンに、楽曲の使用を許可する企業について考えてほしいと思います。私たちの”gifts”(才能、文脈では楽曲の意味も)を使い、偏見の力を止める手助けができるのです。Nothing’s gonna stop us now.(誰にも私たちを止めることはできない)」と呼びかけた。
 
 ジェファーソン・エアプレインは、1960年代に活躍したサイケデリック・バンドで、今も現役のスターシップの前身。


◎「CowzVR Reality」CM映像
https://youtu.be/oeqOuxgLaDU