男子テニスのリオ・オープンで錦織圭を下した、トマス・ベルッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

世界ランク76位ベルッチに敗退

 男子テニスのリオ・オープンで世界ランク5位の錦織圭(日清食品)が同76位のトマス・ベルッシ(ブラジル)に4-6、3-6でストレート負けを喫した。各国メディアもまさかの大番狂わせを驚きとともに伝えている。

 ATP公式サイトでは「ベルッチが祖国の地でニシコリに衝撃を与える」と特集。2015年全仏オープンで2回戦でストレート負けを喫していた錦織から大金星を手にしたベルッチがスタンドからスタンディングオベーションで祝福されたことをレポートしている。

 ブラジル地元紙「グローボ」電子版は「傑出したベルッチがニシコリを驚かせる。リオ・オープン初戦で勝利を挙げる」と速報。地元ブラジルメディア「UOL」では「トマス・ベルッチがリオ・オープンで優勝候補のケイ・ニシコリを下した」とレポートした。

 また米ESPNは「ケイ・ニシコリがリオ・オープンの初戦でトマス・ベルッチに大番狂わせをくらう」と速報。カナダのテレビ局「RDS」電子版も「トマス・ベルッチが大会優勝候補のケイ・ニシコリを驚かせる」と報じている。