どう過ごす? プレミアムフライデー

いよいよプレミアムフライデーが始まります。

月末の金曜、15時に仕事が終わったら、あなたはどう過ごしたいですか? DeNAトラベルが2017年1月に25〜69歳の男女509人を対象に行ったアンケートでは、「旅行に行きたい」と回答した人が7割もいた一方、半数近くが「自宅でゆっくり」を選択しました。

7割超が「今までよりお金を使う」と回答

調査で分かったプレミアムフライデーの理想的な過ごし方トップ10をランキングで紹介しましょう。

1位 旅行 70.9%
2位 自宅でゆっくり 46.4%
3位 買い物 36%
4位 外食 33.6%
5位 映画鑑賞 27.1%
6位 ライブや舞台鑑賞 16.3%
7位 スポーツ 12.8%
8位 自宅作業 11.8%
9位 テーマパークに行く 11.2%
10位 家で手料理 9.6%

旅行会社による調査なので、旅行に関心のある人が回答した可能性は高いですね。台湾、韓国など2、3日で楽しめる近場の海外や、沖縄、北海道が人気の旅行先です。

2位は、「買い物」や「外食」「映画鑑賞」といったお出かけプランを抑えて、「自宅でゆっくり」がランクインしました。毎月、旅行できるほどリッチな人はさておき、「いつか旅行に」と思っている人も、自宅で静かに過ごしてお金を貯めなければ。

ネットでも、

・家に早く帰るだけで消費に繋がらないんじゃ?
・サービス業界死亡だろこんなの 仕事終わりに飲みに行こうぜというのがなくなって 家に帰ってのんびりって奴が増えるだけ

という声が見受けられます。

ところが、出費については、「増えそう」「やや増えそう」と回答した人が74.4%で、今までよりお金を使いそうだと考えている人が大勢でした。自宅で楽しむ趣味やグルメ、通販などにお金を費やすのかもしれませんね。

とはいえ、「プレミアムフライデーなんて......」という意見もやっぱり目立ちます。

調査では、

・他の曜日の残業が増える可能性が高いです。(49歳・女性)
・プレミアムフライデーでお金を使いすぎ、ほかで控えてしまう人が多いのではないか。(39歳・女性)
・強制的な力がないとうちの会社は絶対に実施しないと思う。(36歳・女性)
・こちらが就業している場合には先方が不在であるなど(が心配)。(49歳・女性)
・平均して導入してもらえたら、友人の残業など気にせず誘う事ができて嬉しい。(52歳・女性)

など、"しわ寄せ"や企業ごとの"不公平感"が気になっているようです。

みなさんの会社ではプレミアムフライデー、実施しますか?

2017年2月22日現在、プレミアムフライデーの取り組みに賛同して、ロゴマークの使用申請をした企業は2000を超えています。日本に定着するのか、消費傾向は上向くのか、しばらく見守っていきたいですね。