写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「スマホネイティブ」世代の子供と、親との乖離
トーンモバイルは21日、TSUTAYAのスマホとして展開する格安SIMサービス「TONE」において、子供に安心してスマートフォンを持たせられる見守りサービスのアップデート、および学割キャンペーンの実施について発表した。TONEでは、今年の春商戦のコアターゲットを「小中学生とその家族」に定めているという。

○TONEはスマホネイティブに最適

説明会には、トーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏が登壇した。石田氏は、はじめに「親にとってスマホは、まだ登場したばかりの新しい情報ツール。しかし生まれながらにしてスマートフォンが存在する、スマホネイティブの子供たちにとって、スマホは身体の一部のような存在になっている」として、親と子のスマホに対する認識の違いを述べた。iPhoneの第1世代が発売された2007年前後に生まれた子供は、今年で10歳前後。石田氏がスマホネイティブと呼ぶのは、この周辺の世代のことだ。

例えばスマホで情報収集をする割合について、親世代(30代)が58%に留まるのに対して、スマホネイティブ世代は82%にも上る。つまり、大人と子供ではスマホとの関わり方がまるで異なるという考えだ。「スマホネイティブの世代は、スマホを持つことで色んなことを考え始める。スマホが知覚拡張の一部になっている」とした。

ところが一方で、未成年者層の携帯保有率は思うほど上がっていない。大手キャリアも含め、どの会社もまだ、未成年者層の大幅なシェア獲得には至っていないのが現状だ。なぜだろうか。

石田氏は「多くの世帯では、子供に与えるスマホの購入に失敗している。子供向けのケータイを持たせたが、機能の制限が多くて実際には何もできない、あるいはiPhoneのようなフルスペックのスマホを持たせたら、子供が色んなサイトを見てしまって問題が起こる、そうした失敗が起きている」と指摘する。

管理したい親と、管理されたくない子供という対立構図があり、しつけの度合いも家庭によって異なるため、未成年者層の取り込みは難しいという。そこでTONEファミリーでは、家族でルールを擦り合わせられるサービス設計にした。どの機能を制限するか、親子で話し合いながら決めていけるのがサービスの強みになっている。

TONEの強みは、MVNOで唯一「全国子ども会連合会 推奨商品」に選ばれていること。現在提供中の「TONEファミリー」では、子供の現在地やアプリの利用状況を見守ることが可能で、こうした機能が子供を持つ親世代に高い評価を受けているそうだ。石田氏は「TONEは、子供に持たせるスマホに搭載すべき機能がそろっている。小中学生に、マイファーストスマホとして持ってもらえれば」とアピールした。

●機能を大幅アップデート、お得なキャンペーンも
○TONE見守りアプリを追加

2月21日にはまた、ソフトウェアの大幅アップデートによって、TONEファミリーに「TONE 見守り」アプリを追加すことが発表された。これは最大4台の見守りが可能になる機能で、現在地、過去の位置情報、アプリの利用状況、ライフログのデータをひと目で確認できるというもの。

ユニークなのは、AIとセンサーを活用した「行動把握エンジン」により、見守り対象の移動状態が確認できるようになったこと。子供の動きから、歩いているのか、走っているのか、自転車に乗っているのかを判断して地図上に表示する。石田氏は「将来的には、どろけい、だるまさんがころんだ、など何の遊びをしているのかまで把握できる精度を目指したい。子供の遊びに応じて、母親は夕食の献立を決められる」と説明していた。

アップデートでは、このほかにも機能が拡張される。例えば、これまでは現在地情報の確認には100回までという回数制限が設けられていたが、これを撤廃して回数無制限にする。また、見守り対象者へ無料通話を発信できる機能も追加する。今後のアップデートでは、MVNOで初めてとなる緊急速報メールの受信も可能にする予定とのことだ。

○春のおトク! キャンペーン

学割についても発表した。「春のおトク! キャンペーン」として2月24日より開始する。19歳以下の利用者を対象にしたもので、「基本プラン月額料金1年無料」(1,000円×12か月分)か、「端末料金1万円値引き」のいずれかを選ぶ。家族で複数台のTONEを利用する場合も、同キャンペーンを適用できる。

記者説明会の最後には、30代向け女性誌「VERY」で編集長を務める今尾朝子氏を招いたトークセッションが行われた。スマホネイティブの子供たちが初めてスマートフォンを触るシチュエーションについて、今尾氏は「泣き止まない子供をあやすために、心配しつつもスマホを触らせて解決する親が多い」と指摘。最近はスマホ育児やスマホ子守として、話題に上ることも多い。賛否両論あるが、これから議論が深まっていくはずだ。

TONEモバイルについて、子供を持つ母親はどのような印象を抱いているのだろうか。

「市場には、子供に持たせるGPS機能だけを搭載した端末がある。でも高いのに精度が悪い。隣の家にいるように表示されることもあり、余計な心配をしてしまう。TONEモバイルは、月額1,000円でこれだけ精度の高い機能を搭載したスマートフォンを持てる。2人目、3人目と子供が増える家庭にもメリットが大きい」(今尾氏)。

子供を持つ母親の目線から意見を出す今尾氏に対して、石田氏は「サービス向上のため、これからも斜め上からの無茶ぶりをしてもらえると面白い」とリクエスト。すると今尾氏は「かしこまりました。それは得意な分野ですので」と笑顔で応じた。

(近藤謙太郎)