“放送終了”「花郎」パク・ソジュン&ZE:A ヒョンシク&Ara、3人の行方は?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ZE:Aのヒョンシクは王になり、パク・ソジュンとAraは再会して婚姻を約束した。

韓国で21日午後に放送されたKBS 2TVドラマ「花郎(ファラン)」最終回では、やっと王座に登りつめたサムメクジョンの姿が描かれた。

この日、サムメクジョン(ヒョンシク) とソヌ(パク・ソジュン) は最後まで王座をめぐって戦ったが、理由は一緒だった。新しい神国を作りたいということだった。

敵だと思っていた二人が、実は味方同士だったのだ。二人は協力して反逆者パク・ヨンシル(キム・チャンワン) にカタをつけ、パク・ヨンシルは罪を償った。

その後サムメクジョンは王座に登り、ソヌは彼を補佐するようになった。

ジソ太后(キム・ジス) も亡くなった。これまで毒入りの茶を飲んでいたことが判明した。ジソは最後になってようやく息子と和解した。

王座を諦めたソヌはアロ(Ara) に再会し、切ないキスで変わらない愛情をアピールした。