鍵泥棒のメソッド

写真拡大

2012年に公開された映画『鍵泥棒のメソッド』(内田けんじ監督、堺雅人・香川照之・広末涼子主演)は大ヒットとなり、その年の映画賞を総なめしました。その2年後には、演劇集団キャラメルボックスによって舞台化がされ、こちらも大好評を博してキャラメルボックスの代表作と称されました。そしてこの春、満を持しての再演が決定しました。

エンターテインメント・ファンタジーが特徴

演劇集団キャラメルボックス(以下「キャラメル」)は、1985年に早稲田大学の学生演劇サークル出身の成井豊らを中心に結成され今年で32年目になります。かつて在籍していた劇団員に上川隆也がいることも有名です。初期の頃は成井豊のオリジナル脚本を上演するのが基本でしたが、最近では北村薫、梶尾真治、恩田陸、東野圭吾など、日本を代表する人気作家の小説を次々と舞台化しています。原作ファンの期待を裏切らず、さらにキャラメルらしい特徴的な作品に仕上がっていると評判です。

ではキャラメルらしさとは何でしょうか。SF、時代劇、ラブストーリー、どのジャンルにおいても、日常の中で非日常的なことが起きるのが特徴で"エンターテインメント・ファンタジー"と呼ばれています。誰が観てもわかりやすく、誰が観ても楽しめるエンターテインメント作品に徹し、笑って、興奮して、感動して、泣ける芝居作りを心掛けています。

年間の公演本数も他の劇団に比べて各段に多く、一年中公演を行っているイメージもあります。そして今年最初の公演には、舞台俳優と殺し屋が入れ替わる波瀾万丈の冒険コメディ『鍵泥棒のメソッド』の再演が選ばれました。

物語は......

桜井武史は35歳の舞台俳優。ある日、銭湯に行くと目の前で男が転倒し、ロッカーの鍵が目の前に転がってきました。桜井は自分の鍵とすり替え、男のロッカーへと向かいます。それはちょっとした出来心でした。一方、転倒した男は病院に搬送されますが、頭を強く打って記憶喪失になっています。所持品から、自分の名前は桜井武史だと思い込みます。退院の日、男は病院の前で雑誌編集者の水嶋香苗と出会います。香苗の車でアパートに向かうと、そこは古くて汚いアパートでした。どうやら自分は売れない役者らしい。男は桜井として生きる決意をするのですが......。

初演から3年ぶりに上演される今回の公演はキャストのほとんどを一新し脚本も演出もリニューアルされます。また、劇団として初めての試みとして入団3年目の若手を主演に据えた新人抜擢ステージを東京で2ステージ、大阪で1ステージ行うことになりました。新人達に負けまいと本公演のキャスト達が刺激を受けて猛稽古をしていると聞きます。初演をはるかに超えるレベルの高いステージが展開されるでしょう。

「一度も観劇経験がないので、何を最初に観たらいいのか教えて欲しい」という質問をよく受けますが、私はまずはキャラメルボックスを観に行くように勧めています。中学や高校の部活で演劇をやっている少年少女が一度は必ずハマるともいわれ、初心者でも確実に演劇の素晴らしさを味わえる、安心して勧められる劇団です。

この春、キャラメルボックス『鍵泥棒のメソッド』で劇場デビューをしませんか?

キャラメルボックス2017スプリングツアー『鍵泥棒のメソッド』

東京公演:3月2日(木)〜3月12日(日)サンシャイン劇場
大阪公演:3月18日(土)〜20日(月)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

原作:内田けんじ
脚本・演出:成井豊
出演:畑中智行、実川貴美子、岡田達也、西川浩幸、大森美紀子、森めぐみ、金城あさみ、大滝真実、山崎雄也、竹鼻優太、山根翼
ゲスト出演:石橋徹郎(文学座)、久保田秀敏
作品の詳細は公式サイトで。