2010年に劇場版第2弾が公開されて以降、続編の製作について様々な情報が飛び交っている『セックス・アンド・ザ・シティ』。

果たして続編は誕生するのか否か…多くのファンがやきもきする中、キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーが新たな発言をしたよう。

今月開催されたニューヨークファッションウィークに参加していたサラは、15日(現地時間)にリリースされた<マリ・クレール>のインタビューの中で、このようにコメント。

(企画は)引き出しの中で温められているのよ。「No(作らない)」とは言わないわ…ただ、「If(作るのか)」と、「When(作るならいつなのか)」を行ったり来たりしている状況なの。

続けて、以下のように語ったサラ。

この作品に長年関わってきた人々のことを、真剣に考えてくれている2名の方が、とても慎重に考慮している課題が残っているのよ。だから私たちも、決断をせっつくようなことはしていないの。

昨年12月には、米<Rader Online>が「主演の4人から脚本へのOKが出て、契約が完了した」と報じ、ファンが沸いた瞬間もあったけれど、どうやら今はまだ「決定」とははっきり言えない状況のよう…。

そこで、「どうしても待ちきれない!」というファンの皆さんのために、オマケをひとつ。

実は先週の16日(現地時間)、サラの夫である俳優のマシュー・ブロデリックの新作舞台『Evening at the Talk House』のプレミア会場で、サラとシンシア・ニクソンが再会したんだとか。

サラ・ジェシカ・パーカー&シンシア・ニクソン

このカット、まるで作品の中のキャリーとミランダのやり取りみたい(笑)。

「製作決定」の言葉が聞けなかったのは残念だけど、これほど関係者たちが慎重になるのは、彼らがファンの気持ちをよ〜く分かった上で、期待を裏切らない作品にしたいと思っている気持ちの表れなのかも…?

ここはひとつ、みんなで首を長くして朗報を待ちましょう。