写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリンパスは22日、スティックタイプのICレコーダー「Voice-Trek VP-15」を発表した。メタリックブラックとパールホワイトの2色を用意。3月10日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は税別10,000円前後。

VP-15は、胸ポケットに入れたまま録音しやすいスティックタイプのコンパクトICレコーダーだ。全指向性ステレオマイクを装備しており、広範囲の音を逃さず録音可能。さらに「擦れ音フィルター」により、音声と擦れ音を自動判別し、擦れ音のみを抑制して録音できる。録音状況に合わせて最適な設定を選べる「録音シーンセレクト」では、ポケットに入れたまま広範囲の音声を録音する「ポケットモード」が高感度化し、従来機よりもしっかり録音できるようになった。

電源オフの状態でも、RECスイッチを入れれば録音が開始される「ワンタッチ録音」に対応。セルフタイマー機能では、3分後 / 5分後 / 10分後に録音を開始するよう設定できる。外付けマイク / イヤホン兼用ジャックを搭載し、外部マイクを使っての録音に対応。USB端子も備えており、PCに直接接続できる。

その他にも、音の大きさに応じて録音レベルを自動調整する「ボイスチェイサー」、聞きやすい音量レベルで再生する「ボイスバランサー」、録音データの書き起こしに便利な「文字起こしモード」、背景の雑音を低減する「ノイズキャンセル機能」などを搭載する。

4GBのメモリを内蔵し、録音形式はリニアPCM(WAV)、MP3、WMA。単4形乾電池×1本で駆動し、電池持続時間は約50時間。ニッケル水素充電池も使用でき、USB経由での充電も可能だ。本体サイズはW130×D17×H17mm、重量は37.5g(電池含む)。

(リアクション)