写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ソニーの歴史に焦点を当てたPart-1に続き……
東京・銀座の「ソニービル」では、2月22日から「It's a SONY展 Part-2」がスタートした。2016年11月に始まったPart-1に続く催しで、ソニーの歴史に焦点を当てていたPart-1に対して、Part-2ではソニービルの未来がテーマとなる。開催期間はソニービルの営業が終了する2017年3月31日まで、営業時間は11時から19時まで、入場は無料。2月21日には、報道関係者向けに内覧会が開催された。

○2018年の夏にはソニーパークが完成

銀座を象徴する建物として50年もの間、人々に親しまれた「ソニービル」だが、2022年に「新ソニービル」を開業するにあたり一時閉館する。ソニーは2018年夏から2020年秋までの2年間、同ビルの跡地に「街に開かれた施設」をコンセプトにした「ソニーパーク」を設置する考えだ。今回のIt's a SONY展 Part-2、最初の展示物は、この「銀座ソニーパークプロジェクト」の概要を説明するパネルや、完成後の建築模型となっている。

○心が和むウォールアート

2階から4階までの内部壁面には、大規模なウォールアートを設置。イラストレーターの黒地秀行氏による作品で、横幅が約120m、標高差が約9mという大規模なキャンパスに、架空の都会の街並みが描かれている。

担当者によれば、It's a SONY展 Part-2開催中の営業時間内にも、作品は描き続けられる予定。黒地氏が描く様子を、来場者が間近で見学できる機会もあるという。黒地氏のイラストは温かみを感じさせ、見ているだけで心が和むようだった。ウォールアートには、懐かしのソニー製品、有名なアーティスト、誰もが知っている建物なども描かれている。来場者の話題を喚起することだろう。

作品はプロジェクションマッピングによって、青空や夕暮れ、人や動物の動きなどを演出する。ウォールアートに描かれているソニービルには英数字が併記され、これらのキーワードをつなぎ合わせると、とあるメッセージが完成する。完成させた人には、オリジナルステッカーがプレゼントされる趣向だ。

●木琴の優しい音色が来場者を迎える
建物内部には「パークの木琴」が設置された。これは4階から2階まで連なる、階段状の全長約35mの木琴だ。木の玉を転がすとルイ・アームストロングの名曲「What a Wonderful World」のメロディが楽しめる仕掛けになっている。

4階には、「ソニーパークは、どんな場所になってほしいですか?」というアンケートがあり、来場者が自由に意見を掲示できる。壁にはすでに、Part-1の開催期間中に寄せられた声が所狭しと貼られていた。この中には、ソニーの代表取締役社長兼CEO、平井一夫氏の書き込みも混ざっている。探してみると面白いだろう。

○イベントも目白押し

ウォールアートやパークの木琴は常設展示となるが、フロアによっては大道芸人がパントマイムを披露したり、親子で楽しめるワークショップが開催されたりと、賑やかなイベントを行っていく。すでに決まっている催しもいくつかあり、例えばアジアン・ビューティーインストバンド「杏仁ショーケストラ」が無料LIVEを決行するほか、デヴィッド・ボウイの大回顧展およびプレミアム・トークショーなども予定されている。各イベントの詳細については、銀座ソニープロジェクトのWebサイトで確認してほしい。

It's a SONY展 Part-2では、リピーターを増やす工夫がいくつも用意されているという。先述した黒地秀行氏のアートは、It's a SONY展 Part-2の期間中もイラストを描き続けることで、来場者はイラストの進展を楽しめる。また、とあるフロアには来場者に樹の葉のステッカーを貼ってもらうコーナーを用意。一時閉館の迫る3月末に向けて、日を追うごとに青葉が生い茂ってゆく様子が感じられるに違いない。

新ソニービルについては、「ソニーらしいビルにしてほしい」「ワクワク、ドキドキするようなビルに」「最先端の発信場所になれば」といった声が寄せられているそうだ。例えば、かつてソニービルでは、2,300個のブラウン管テレビを側面に埋めて、文字を映していた時期があった。現在は、同じ場所に当時を再現したバナーが掲載されている。銀座 数寄屋橋交差点のソニービルにお立ち寄りの際は、ビルの側面にも注目してみたい。

(近藤謙太郎)