100%、新曲「どこにいるの」MV公開…トレードマークの高音で切なさを高める

写真拡大

深い感性と共感で戻ってきた。

100%は22日、新曲「どこにいるの」を公開し、恋の後の感情を100%ならではの感性たっぷりの音楽で表現した。

「どこにいるの」はKARAやINFINITEなどのプロデュースを手掛けたSweetuneの作品である。恋の後の別れ、そして恋しさなど、誰もが共感できるようなストーリーを描いた。離れていった恋人を探す、切ない叫びが淡い余韻として残るのが印象的だ。

「見えない どこにいるの/ 聞こえない どこにいるの/ すべてがちゃんと自分の場所にあるのに/ 跡形もなく君だけここにいない/ 信じられない どこにいるの/ 本当にどこにいるの/ いっそすべてウソだったらいいのに/ 一晩中固まった涙が物語っている 君はいない」

何よりサビの高音が強い印象を残す。100%のトレードマークになった高音で、切ない気持ちを一層強調し、さらに切なく別れの痛みを歌った。後悔と痛みが伝わり、余計に切なくなる歌詞だ。

共感ソングでカムバックした100%は、新曲「どこにいるの」で本格的な活動に乗り出す。