若き日のハン・ソロを描いた『スター・ウォーズ』のスピンオフ映画(タイトル未定)より、セットの様子が公開されました。おなじみ、ミレニアム・ファルコンのコックピットにキャストたちが集結しています。

写真はStar Wars.comにアップされたもので、左から共同監督のクリス・ミラー、ウディ・ハレルソン、フィービー・ウォーラー・ブリッジ、ハン・ソロを演じるアルデン・エーレンライク、エミリア・クラーク、共同監督のフィル・ロード、ランド・カルリジアン役のドナルド・グローヴァー、そして後ろの毛むくじゃらはおなじみチューバッカです。

写真とともに、先日「重要な」役回りの女性ドロイドを演じると報じられたフィービー・ウォーラー・ブリッジ、そしてタンディ・ニュートン(『ミッション:インポッシブル2』、『クラッシュ』、テレビドラマ『ウエストワールド』)が本作に出演することも明らかになりました。

他にも、『フォースの覚醒』でピーター・メイヒューとともにチューバッカを演じたフィンランド人のヨーナス・スオタモがチューバッカ役、そして12月に変更という噂もありましたが、公開日は2018年5月25日と発表されています。

「世界中から集まった独特の個性を持った才能のある人々が、アートを作るというただひとつの目的のために一丸となる姿を見るのは、まさに奇跡のようです」「面白い言葉は何も思いつかないけれども、それは私たちが心底感動して、本当に幸運だと思っているからなんです」と監督のロードとミラーはStarWars.comに発表された声明の中で述べています。

現在、撮影中の本作(撮影はアカデミー賞最優秀撮影部門にノミネートもされている『メッセージ』のブラッドフォード・ヤング)の全容はまだまだ見えてきませんが、4月に行われるスター・ウォーズ・セレブレーションでもっと具体的な情報が明らかになることでしょう。
もっと読む
・新作『スター・ウォーズ』を待つのに最適なハン・ソロのファンフィルム
・チューバッカがヘヴィメタルなフィギュアになったって!?
・本物のチューバッカが英語をしゃべる様子をご覧ください


image: ©2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved via Star Wars.com via Gizmodo io9
source: Star Wars.com, Gizmodo io9

(abcxyz)