東芝映像ソリューションは、「時短」機能に対応したレグザブルーレイレコーダー「レグザサーバー DBR-M3007/M1007」を3月中旬に発売します。実売予想価格は、内蔵HDD容量3TBの「DBR-M3007」が13万円前後、1TBの「DBR-M1007」が10万円前後(いずれも税抜)。

↑レグザサーバー DBR-M3007

 

「レグザサーバー DBR-M3007/M1007」は、計7チャンネル分のチューナーを搭載した全録対応のブルーレイレコーダー。最大7チャンネルをまるごと録って過去番組表から再生する「タイムシフト」機能に加えて、番組を視聴する時間がないときに便利な「時短で見る」機能を搭載。昨年11月に発売されたレグザブルーレイに搭載された「おまかせ自動録画」、「おまかせダビング」、PCだけではなくスマホでも使用できる新「ネットdeナビ」、スマホやSeeQVault対応SDカードによる番組の持ち出しなどにも対応しています。

 

「時短で見る」機能では、番組ごとに「通常再⽣」、「らく⾒」、「らく早⾒」、「⾶ばし⾒」の4つのコースから簡単に再⽣可能。なかでも「らく⾒」と「らく早⾒」は番組の内容を省略することなく「時短」が実現できる再⽣コースです。録画リストや時短で⾒るリストからコースごとに視聴にかかる時間が表⽰され、「この番組は30分以内で視聴できる」などの判断が容易にできるため、⽣活のなかでの空き時間を有効に使いながら番組を楽しむという使い⽅が可能になります。

 

また、ドラマなどのジャンルや好みの人物を設定しておくと、自動的に番組を分類してリスト化できるので、録りためた番組のなかから好みの番組だけをすばやく見つけることも可能です。好みの人物はインターネットに接続しなくても毎日更新される人物リストから選択するだけなので、設定も簡単にできます。

 

さらに、過去番組を保存したい場合は「おまかせ保存」を選択すれば、チャプターを自動選択して保存ができ、保存先は光ディスクなども選択できるので面倒だった保存・ダビング作業も簡単に行なえます。

 

そのほか、2016年秋モデルのHDD容量を増やした「レグザブルーレイDBR-T3007」と「DBR-W2007」の2機種も3月下旬より販売。チューナー数/HDD容量は、「DBR-T3007」がトリプルチューナー/3TB、「DBR-W2007」がダブルチューナー/2TBになります。

 

効率よく録画番組を楽しめる機能を搭載し、放送時間よりも短縮して再生できる早見視聴のほか、予約の手間をなくす自動録画機能も強化された「時短レコーダー」。録った番組は手軽にスマホへ持ち出せるダビング機能を新たに搭載するなど、時短の工夫が施されたモデルとなっています。テレビが好きなのに忙しくて見れないという方は、「時短」機能の付いた本機をチェックしてみてください。