『名探偵コナンカフェ』10都市11箇所にオープン!APTX4869風ムースなど登場

写真拡大

 『名探偵コナンカフェ』が今年も3月30日から5月31日までの限定限定で全国10都市11箇所にオープンします。

 『名探偵コナン』に関連するオリジナルメニューや、カフェでしか買うことのできない限定グッズを販売予定。さらに、コナンの世界をばっちり味わえるよう店内の壁紙などにオリジナルの描き下ろしイラストが展開されちゃってるそうですよ!

【関連:『名探偵コナン』劇場版21作は「淡い恋」に百人一首を用いた「難関ミステリー」】

 カフェメニューは「名探偵バーガー」や「喫茶ポアロのハムサンド(安室透レシピ)」「犯人スムージー」などコナンファンにはたまらないラインナップ。
中でも「APTX4869(アポトキシン)ムース〜白乾児ソース付き〜」は主人公・工藤新一が黒の組織に飲まされて江戸川コナンの身体となってしまったいわくつきの毒物と、飲むと一時的に工藤新一の体に戻ることができる中国酒・白乾児をイメージしたソースつきのムースで、メニュー発表直後から「これを食べたら子供の体に戻れますか」「風邪引いて食べに行かなきゃ……(※白乾児は強い風邪を引いた状態か、もしくはそれ同様の状態であるときに作用します)」など、早速ファンからの嬉しい声が上がっています。

 表参道と埼玉以外の店舗では事前予約が可能。また、それぞれの店舗で提供メニューが違い、4月15日から公開される映画『名探偵コナン・から紅の恋歌』にちなんだメニューも提供予定なので、公式サイトにて確認してみてくださいね。

(大路実歩子)