画像

写真拡大 (全2枚)

 トランスコスモスは、2017年4月より、Web/EC/コールセンター/SNS/チャットなどの多様なチャネルで収集したコミュニケーションデータをクラウド上で統合し、AI/機械学習技術を用いて分析・活用するDMPサービスを提供する。

 DMPの登場で、クラウド上でのDB統合や外部システム連携が容易になった。だが、実際にチャネル横断でDBを「統合化」し、データ分析結果を「可視化」し、マーケティング活動を「自動化」する仕組みを作るためには、多大な時間と労力が必要だ。

 トランスコスモスが2017年4月より提供する「transcosmos decode(トランスコスモスデコード 以下、DECode)」は、統合化・可視化・自動化の課題を解決するために開発されたDMP構築・運用支援サービスパッケージ。スマートフォンを起点としたチャネル統合型コミュニケーションを想定し、消費者の心理や行動などのコミュニケーションデータを分析して「解読(デコード)」する。
DECodeサービスの全体像

 トランスコスモスのアウトソーシング経験と調査・分析ノウハウを組み合わせ、トレジャーデータのクラウドサービスを利用することで、従来よりもローコストでDMP環境を構築することができる。さらに、「DataRobot」などの最先端のAI/機械学習技術と連携することで、データ分析に基づくチャネル統合型コミュニケーションの運用支援も可能だ。

 また、「Tableau」などのBIツール、チャット/メッセージングアプリ上での自動応答bot、マーケティングオートメーションツールなどの外部システムとの連携やサードパーティデータの活用もできる。

 これらの運用に必要な人材や体制は、トランスコスモスのアウトソーシングサービスや各種ソリューションを組み合わせて提供される。高度な分析業務が必要な場合も、専門部隊であるトランスコスモス・アナリティクスが支援する。

MarkeZine編集部[著]