2年ぶりにグランパスへ復帰したFW玉田圭司選手/photo by タバタ☆ヒロミチ

写真拡大

いよいよ2017年2月26日(日)にJ2リーグが開幕!今季、クラブ史上初となるJ2を戦い、J1への昇格を目指す名古屋グランパス。監督の交代、選手の入替などチームは一新。逆襲の切り札として2年ぶりに古巣へ復帰したFW玉田圭司選手(背番号28)に、今の心境やJ2開幕に向けての意気込みを聞いた。

【写真を見る】「グランパスは常に勝利を目指す」と語る玉田選手/photo by タバタ☆ヒロミチ

――まずは“お帰りなさい”。

「ただいま。名古屋に帰って来られてホッとしています!9年間在籍していたこのクラブには愛着があるのでうれしいですね。さっそく家族みんなが好きな味仙に行って、コブクロを食べました(笑)」

――昨シーズンはセレッソ大阪の選手としてJ2を経験されていますが、J1と比べて厳しいと感じる部分はどんなところですか?

「試合数が多くて、スケジュールがタイトですね。グランパスはJ1昇格を目標に常に勝利を目指しますが、なかには『引き分けでいいや』と考えるチームもあります。そういったチームに対して勝ち切るというのはなかなか難しいんですよ。今はそんなチームでも蹴散らせる力を付けているところです」

――今季から就任した風間八宏監督の印象、練習方法やチームの雰囲気はいかがですか?

「風間監督は、とにかく質にこだわる人ですね。パスの出し方や受け方、トラップを置く場所など、とても勉強になっています。練習はボールを使うことが多いので楽しいですね。チームの雰囲気もすごくいいです。若い選手が多いし、練習でもみんな意欲的ですよ」

――開幕に向けて意気込みをお聞かせください。

「多くのことを吸収しながら、最大限の力を発揮したいです。僕はまだまだやれると思っていますし、周りからもそう思ってもらいたい。証明してみせたいですね」

――じゃあ、開幕戦でのスタメンやゴールも期待していいですよね?

「もちろんです!ただ、僕が意識しているのは“目の前の試合に勝つこと”“1日1日を大事にすること”。チームとして全員がまとまって一つの方向に向かうことができれば、結果は必ず付いてくると思います」

――開幕を楽しみにしているサポーターへメッセージを。

「1人でも多くの人がスタジアムに足を運んでくれれば自分たちの力になります。ぜひ応援をよろしくお願いします!」

終始和やかな雰囲気で行われた今回の取材。しかし、試合への意気込みを聞いた時の玉田選手には力強い闘志がみなぎっていたのが印象的だった。玉田選手は2010年のグランパスJ1初制覇をそのゴールで決定付けた。次はJ2の優勝とJ1昇格を決めるゴールを期待しよう!【東海ウォーカー】