ジンバブエの首都ハラレで開かれた誕生日パーティーでスピーチするロバート・ムガベ大統領(2017年2月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界最高齢の国家指導者、ジンバブエのロバート・ムガベ(Robert Mugabe)大統領が21日、93歳の誕生日を迎えた。事前に収録された長時間にわたるテレビのインタビューでは、体力の衰えを感じさせながらも、大統領職を続けると改めて宣言した。

 首都ハラレ(Harare)で開かれた大統領の誕生日パーティーでは、側近らからケーキやプレゼントが贈られ、支持者や与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)の関係者らは国営メディアに多数の祝賀メッセージを寄せた。

 ムガベ大統領は、事前に収録され20日に放送された1時間におよぶインタビューの中で、次第に疲れた様子を見せ、目はほとんど開けていない状態で、何度も無言になりながら話をした。
【翻訳編集】AFPBB News