21日、「ビジュアル激変」と話題になった韓国の俳優チャン・グンソクがスリムになり、ネットユーザーも「衝撃的だ」と驚きを伝えている。写真は16年12月、第1回マカオ国際映画祭で。

写真拡大

2017年2月21日、「ビジュアル激変」と話題になった韓国の俳優チャン・グンソクがスリムになり、ネットユーザーも「衝撃的だ」と驚きを伝えている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

「アジアのプリンス」ことチャン・グンソクは昨年、かなり太ったことが話題に。肉付きのいい丸々とした顔、厚みの増したボディーに変化し、かつて「台湾の西城秀樹」と呼ばれたもののビジュアルが激変した歌手、ツァオ・シーピン(曹西平)の「そっくりさん」などと言われた。

昨年12月、第1回マカオ国際映画祭(IFFAM)の開幕セレモニーに出席、この時もむっちりした体が注目された。しかし21日、インスタグラムで公開した写真では、昔を思わせるようなスリムな姿に。わずか2カ月で驚きの変化を果たしている。

急速にほっそりしたチャン・グンソクの姿に驚いたネットユーザーからは、「衝撃的だ」「変幻自在!」「太ったのは話題作りのネタだった?」「芸能人はすごい」などといった声が聞かれる。(翻訳・編集/Mathilda)