先日開催された【グラミー賞】にて新曲「Chained to the Rhythm feat. Skip Marley」を披露したケイティ・ペリーが、同曲のミュージック・ビデオを公開した。

 ビデオは、過去にケイティの「California Gurls」や「Dark Horse」のミュージック・ビデオを監督したマシュー・カレンが手掛けており、今年1月に米カリフォルニアにある人気アミューズメント・パーク、シックスフラッグス・マジックマウンテンで撮影された。

 50年代風のポップでカラフルな衣装など、これまでのケイティのビデオの世界観を彷彿とさせる今作では、若いカップルが中に入った小さな家がそのまま上昇し、激しく降下する“グレイト・アメリカン・ドリーム・ドロップ”と題されたアトラクションや【グラミー賞】のパフォーマンスでも登場したトランプ大統領が実現を目指すメキシコ国境の壁を皮肉ったフェンスなど、ハッピーな趣とは裏腹のディストピアな世界が描かれている。ビデオは、不穏な表情のケイティの顔のアップで締めくくられており、ここ最近の世界情勢に対する彼女の見解が伺える内容になっている。

 なお、ケイティはこの曲は、現地時間2月22日に行われる【ブリット・アワード2017】にて披露する予定となっている。


◎「Chained to the Rhythm feat. Skip Marley」MV
https://youtu.be/Um7pMggPnug