ドンキのビジネスシューズ「スライドソールチェンジ」

写真拡大

ディスカウントストア大手のドン・キホーテは2017年3月1日、同社のプライベート・ブランド「情熱価格PREMIUM(ジョウネツカカクプレミアム)」の新商品として、ビジネスシューズ「スライドソールチェンジ」を全国の店舗で発売する。価格は5900円(税別)。

この「スライドソールチェンジ」は、製造元であるシェアフロントプラス(東京都台東区)の特許申請技術を採用し、靴のかかと(ヒール)の交換がワンタッチで行える。交換に要する時間は最短で10秒、しかも工具いらず。ヒールは左右どちらにも装着でき、内側もしくは外側がすり減った際に左右を取り換えて有効活用するという使い方もOK。

本体と製品組立は国内で行っており、不意に外れることのない安全設計だ。1足につきスペアヒールがワンセット付属する。

デザインのラインナップは5種類。ヒモや装飾のない「ヴァンプ」、横一文字の切り替えがつま先に入っている「ストレートチップ」、ドレッシーな印象の「ソワールモカ」、飾り金具を甲の上の部分に付けた「ビット」、尾錠留めの「モンクストラップ」。「ストレートチップ」のみブラックとブラウンの2色展開で、それ以外はブラックのみ。

サイズは25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5の6段階の中から選べる。素材はアッパーが合皮で、アウトソールが合成ゴムとABS樹脂。