2016年は、ロボットの力を借りて世界に分散投資をする「ロボ・アドバイザー元年」といえる。大手金融機関で先駆けてみずほ銀行が「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」のサービスを開始したのが2015年10月。16年には金融機関各社が競うようにロボ・アドバイザーのサービスをスタートした。(写真は、みずほ銀行の「SMART FOLIO」トップ画面のキャプチャ画像)

写真拡大

 2016年は、ロボットの力を借りて世界に分散投資をする「ロボ・アドバイザー元年」といえる。大手金融機関で先駆けてみずほ銀行が「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」のサービスを開始したのが2015年10月。16年には2月にお金のデザインの「THEO(テオ)」、7月にウェルスナビ社の「ウェルスナビ」、9月にマネックス証券の「マネラップ(MSV LIFE)」、11月には松井証券の「投信工房」、12月には三井住友信託銀行の「とうしの入口」など、金融機関各社が競うようにロボ・アドバイザーのサービスをスタートした。顧客ごとのリスク許容度に応じた商品提供・提案を行うロボ・アドバイザーのサービスは、金融庁が進めるフィデューシャリー・デューティ(受託者責任)の徹底に対する一定のソリューションともいえ、今後もサービスの拡大が期待される。
   
 「ロボ・アドバイザー」に共通しているのは、利用者に複数の質問を投げかけ、その回答内容によってリスク許容度を診断し、世界の各資産に分散投資された運用ポートフォリオを提案するというもの。国内に設定されたインデックスファンドやバランス型ファンド、または、海外ETFを活用するなど、サービスによって具体的に投資する商品は異なる。共通しているのは、提案されるポートフォリオは、様々な資産に分散投資され、価格変動率(リスク)が抑えられた運用を提供しようとする考え方だ。
  
 たとえば、みずほ銀行の「スマートフォリオ」が提案するポートフォリオは、サービス開始以来、過去1年4カ月(15年10月〜16年12月)の運用実績が公表されているが、それによると、全9段階のリスク許容度の中で高リスク許容度(リスクレベル8)が112.3%(100万円の投資で約12万円の運用益獲得)、中リスク(同5)で108.7%、低リスク(同2)で104.8%という結果だった。この間に、高リスクのポートフォリオは、一時的に95%(100万円で5万円の損失)になることもあったが、低リスクのポートフォリオでは元本を下回ることのない運用になった。同じ期間に国内株式投資信託では、一時的に90%を割り込むほどに下落したことと比較すると、資産分散の効果が表れている。
  
■利用者の中心は30代の資産形成層、毎月積み立て利用も拡大
  
 実際の利用状況をヒアリングすると、みずほ銀行のスマートフォリオは、サービス開始から17年1月末までの体験者数は約43.2万人で、会員サービスの利用者は約1.5万人にのぼった。「スマートフォリオ」は毎月2.5万円の積み立て、また、一括購入は25万円から利用できるが、実際に「スマートフォリオ」を使っている人の投信購入金額の平均は80万円になるという。
  
 お金のデザインが提供する「THEO」は、1年間で約24万人が体験し、2万人超が申し込んだ。利用者の投資金額は、10万円が39%と最も多く、次いで、50万円以下が38%だった。利用者の89%が投資ほぼ未経験者で、利用者のうち20代、30代で過半数を占めた。若年層・投資未経験者・資産形成層に強く支持されている。また、81.4%のユーザーが6.0%以上の収益率を確保し、全利用者の82.7%がサービス内容に満足しているという結果になっている。10万円から始められる手軽さ、スマートフォンをベースにしたサービス提供などが、若い人たちの利用を促しているようだ。
  
 「ウェルスナビ」は、17年1月末からSBI証券の顧客向けに提供した「WealthNavi for SBI証券」が、サービス開始10営業日で3500口座になったと発表している。従来は最低投資単位が100万円だったサービスを、SBI証券向けには30万円にしたことも利用者増につながった。