イ・ビョンホン「コン・ヒョジンと初めて会ったときは緊張した…必ず共演したい女優だった」

写真拡大

「本格テレビ芸能」に出演したイ・ビョンホンがコン・ヒョジンについて「必ず共演してみたいと思った」と話した。

21日午後に韓国で放送されたSBS「本格テレビ芸能」では映画「シングルライダー」で共演したイ・ビョンホンとコン・ヒョジン、ソヒのインタビューが行われた。

この日イ・ビョンホンは相手役のコン・ヒョジンについて「コン・ヒョジンさんを初めて見た時緊張した。ずっと共演してみたいと思っていた女優だった」と話し、視線を引きつけた。

また、イ・ビョンホンは今回の作品を選んだ理由について「シナリオを読んだ瞬間、この作品は何があっても絶対やりたいと思った。運命のような。僕個人的には最高の作品だと思った」と明らかにした。

続けて「シナリオを読んだ時はよく知らなかったが、撮ってみたら台詞がなかった。表情と感情だけで演技しなければならなかった」と話した。