エルサルバドル・ベルリンの野生動物保護施設で保護されているジャガーネコ(学名:Leopardus tigrinus、2017年2月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】エルサルバドルの首都サンサルバドル(San Salvador)の南西100キロほどのベルリン(Berlin)にある野生動物保護施設「エルトロナドール(El Tronador)」では、違法取引の被害にあった、絶滅の危機にひんした種の保護に取り組んでいる。

 この保護施設は国内の地熱エネルギー会社の支援のもと、保護された野生動物を野生に帰し、在来種の保全に寄与することを目的に活動を続けている。
【翻訳編集】AFPBB News