『この世に私の居場所なんてない』2月24日(金)よりNetflixでオンラインストリーミング開始

写真拡大

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixは多くのオリジナル作品を配信していることで知られているが、同サービスで配信中の『私立探偵ダーク・ジェントリー』で主演を務めるイライジャ・ウッド出演の『この世に私の居場所なんてない』が2月24日(金)より独占配信されることが決定した。

気弱で地味な看護助手のルースの家に空き巣が入るが、世間は同情もしてくれない。ルースは仕方なくマーシャル・アーツの熱狂的ファンで風変わりな隣人のトニーとの危険な犯人探しをはじめ、生きる目的を見出していく。

今作でイライジャが演じるのはマーシャル・アーツの熱狂的なファンで変わり者のトニー。当初、この役は大男の設定だったが、イライジャをイメージし平均的な男性に変更し、風変わりなキャラクターにしたそうだ。今作の脚本についてイライジャは「ここ1年で読んだ脚本の中でベストだったよ。恋に落ちたんだ」と出演できた喜びを語っている。ルースを演じるのは『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』のローズ役で知られるメラニー・リンスキー。プロデューサーはインディペンデント・スピリット賞作品賞にもノミネートされたミシェル・ウィリアムズ主演『ウェンディ&ルーシー』を手掛けたケリー・ライヒャルトとジェレミー・ソルニエ(『グリーンルーム』)。監督・脚本はメイコン・ブレア(『ブルーリベンジ』、『グリーンルーム』)が担当している。また、今作は今年1月にユタ州ソルトレイクシティで開催されたサンダンス映画祭で審査員グランプリを受賞している。

Netflixオリジナル『この世に私の居場所なんてない』は2月24日(金)よりNetflixにて独占配信スタート。(海外ドラマNAVI)