世界が認めた“ミャウジック”日本上陸! 『ねこのための音楽』を、にゃんこに聴かせてみた

写真拡大

昨今のブームに乗り、猫の飼育数が1,000万匹(ペットフード協会調べ)に迫る勢いとなった日本。そんな猫を愛する私たちのもとへ、海外から素敵な音楽が届いた。

【動画】にゃんこに『ねこのための音楽』を聴かせてみた

ミュージックならぬ“ミャウジック”――科学的な見地に基づいて本気で猫を満足させるために作られた『ねこのための音楽 - Music For Cats』だ。

全5曲から構成される『ねこのための音楽 - Music For Cats』は、イギリスで発売されるやいなや注目を浴び、全英チャート33位、iTunes UKクラシックチャート1位をはじめ、“非人間向け音楽”として史上最高位を達成。世界中のメディアでもこのユニークな音楽集がこぞって報じられた。

『ねこのための音楽 - Music For Cats』を作るにあたって、クラシック音楽の名手が徹底的に猫の聴覚を研究。人間向けの曲にはまったく反応しなかった猫たちも、この新しいミャウジック(猫専用曲)には77%が好反応を示したという。

試しにサンプル音源を、筆者宅の猫(4歳・メス)に聴かせた様子を動画撮影してみた。

ほかの猫同様、普通なら初めて聞く音には警戒を示すはずなのだが、『ねこのための音楽 - Music For Cats』がすぐ近くで流れていても警戒心ゼロ。めったに見せないあくび姿を1分のうちに2回も披露するなど、予想以上にリラックスしている様子だった。

人間が聴くと「ちょっと変わったクラシック曲だな」くらいにしか思えないのだが、猫だけに通じる何かが確実にあるようだ。

また、この『ねこのための音楽 - Music For Cats』の発売に際して、猫好きで知られる著名人からも次のようなコメントが寄せられた。

■徳井義実(チュートリアル)
「猫様にはいつも癒しを頂いてますので、たまにはこちらからなにかプレゼントしても良いのではないでしょうか? 情緒のわかる「猫」という生き物なら、メロディーも味わえると思います」

■増田惠子(ピンクレディー)
「うちにはもうすぐ8歳になるアメリカン・ショートヘアー・シルバータビーの女の子“ミルキー”と、同じくアメリカン・ショートヘアー・レッドタビー、4歳の女の子“リボーン”の2人がいます。

CDが届いたその日、2人は食事中でしたが、早速かけてみました。
すると、まずミルキーが食事を即座にやめ、耳を立ててストップ・モーション!

そのうちにリボーンも「なに?!」といった感じで聴き入ってしまい2人とも食事を中断!!
仕方なく音を止めて食事を続けてもらいました。
そして今では、このCDを聴くのが2人の毎朝の日課となっています。

あいにくミルキーがアレルギーで、もう2か月前からエリザベス・カラーのお世話に…。
このCDでリラックスしてくれて早く治ってくれたら… と大きな期待をしている日々です。

だっていつもは離ればなれで、それぞれ好きな場所にいるのに午前中はずっと2人でオーディオのあるリビングにいて仲良く聴いているのですから」

■服部幸(東京猫医療センター院長)
「猫にも癒しの音楽を! 愛猫家なら一度は考えることがついに実現しました。

本CDは2015年にチャールズ・スノーデンらが発表した研究結果(※)をもとに、人間向けの音楽では使用しない音域や周波数や効果音などを使用して作曲されています。試しに我が家のニャンズに聞かせてみたところ、普段よりもゆっくりお昼寝していました。皆さまもぜひお試しください!」


――この『ねこのための音楽 - Music For Cats』、国内発売は2月22日の「猫の日」。価格も税抜き2,222円とニャーニャーづくし。興味をもった人は、ぜひチェックしてみて欲しい。


※Snowdon CT et al. 2015. Cats prefer species-appropriate music. Appl Anim Behav Sci. 166,106-111