ホームレス男性の“喜び”を防犯カメラがキャッチ(出典:https://www.thesun.co.uk)

写真拡大

先の見えない不安を抱えながらその日暮らしをする人も多いホームレスたちだが、誰かがほんの少し手を差し伸べることで彼らの人生が大きく変わることがある。このほど仕事の本採用が決まった一人のホームレスが、嬉しさのあまりジャンプしている姿を防犯カメラが捉え、その映像が公開されると人々の心を温かくした。英紙『The Sun』や『Metro』が報じている。

先日、見知らぬ人からの一杯のコーヒーで人生が変わったホームレス男性の話題をお伝えしたが、今回もまたイギリスから一人のホームレス男性が救われることとなった。

ウェスト・ミッドランズを拠点にしている窓の取り付け工事を行う会社「Central RPL」の防犯カメラに、一人の男性が店から出るや否やガッツポーズをしてジャンプしながら去って行く姿が映し出された。

この男性(名前は明かされていない)はウォールバーハントンのホームレス保護施設に身を置いており、人生をやり直すために仕事を探していたという。住む家や家族もお金もない男性は、わずかな食料を毎回地元の教会から提供してもらうという暮らしを続けてきた。

今回、縁があり「まずは研修から」ということで「Central RPL」は男性に仕事をオファーし、1週間後本採用の通告をした。それがホームレスの男性にとってどれほど大きな喜びになったことか。店を出た途端、思わずその感動を体で表現した瞬間が防犯カメラに映っていたというわけである。

2月18日にこの映像を公開したのは、「Central RPL」で働くアーロン・ドイルさんだ。彼は「別にたいしたことではないかも知れないけれど、私にとってはとても心温まる貴重な映像だったんです」と話す。そして男性の人柄について、このように明かした。

「彼はいつも教会から分けてもらった食料とコーヒー、そしてチョコレートを持って仕事場に来るんですが、毎朝私にチョコレートとコーヒーをお裾分けしてくれるんですよ。彼はいい仕事をしてくれています。」

生活の不安定なホームレスたちは、教会から支給される食べ物も毎日とは限らず満腹になるまで食べ物を口にすることはない。それでも、アーロンさんにコーヒーとチョコレートを分けてくれるホームレスの男性の姿に心打たれたようだ。

人となりや仕事への努力が認められ本採用が決定した男性にはすでに研修時の賃金が支払われており、彼が地に足の着いた生活ができるようになるまでさほど時間はかからないかも知れない。

「彼の喜ぶ姿はお金では買えない貴重なものですよ」とアーロンさんが言うように、この映像を見た人々からは「これからも仕事、頑張って」「いいニュース。誰かの手が救いになることは絶対にあるね」「仕事が決まって本当に良かった」「月曜の朝から仕事に行くことに文句を言っている自分はダメだなって考えさせられたよ」などといった声があがっている。

出典:https://www.thesun.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)