iPhone 8には、顔でロックを解除できる「顔認証」に使う3Dセンサーが内蔵されると噂されています。どのような仕組みなのでしょうか。

赤外線を利用した3Dセンサーか

Appleの製品開発について調査・分析を行っているKGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、赤外線を使った3DセンサーがiPhone 8の前面に搭載されるそうです。

目に見えない赤外線を照射して反射を読み取り、その信号をAppleが買収した企業の技術を使って解析。被写体の形や距離を識別できるようにする、と考えられています。

照射した赤外線を読み取るのであれば、暗い場所でも顔認証ができるかもしれません。

さらに被写体の形や距離を識別することから、写真・顔写真を印刷したお面で顔認証をごまかそうとすることはできないかもしれません。

iPhone 7 Plusも被写体の距離を識別できる

被写体の距離を識別できる技術は『iPhone 7 Plus』で採用済み。こちらは2つのカメラを使っています。


この技術は被写体の背景をぼかす、ポートレートモードで使われています。

もし予測通りiPhone 8に3Dセンサーが追加されれば、FaceTimeカメラでポートレートモードが使えるようになるかもしれません。ARアプリの精度向上も期待できます。

参考

KGI: OLED iPhone 8 to feature ‘revolutionary’ 3D-sensing front camera, detects depth for games and facial recognition | 9to5Mac