まだまだ風が冷たい時期。ホッとできる温かい飲み物には、ココアやお茶、紅茶、ラテなどもありますが、香りが良い紅茶には様々な健康効果があるのをご存知でしょうか。世界的に愛飲されている紅茶の効能をご紹介します。

世界で最も消費されているのは紅茶

イギリスでは「万能に効く東洋の秘薬」として、中国では「不老長寿の霊薬」として重宝されていた紅茶。実は世界中で消費されるお茶の8割近くが紅茶で、世界で最も消費されているんです。紅茶は茶葉を発酵させて作るため、体を温めてくれる飲み物でもあります。茶葉や発酵具合で風味の違う多くの種類があり、飲み方やお菓子で種類を変えて楽しめるのも紅茶の魅力です。

高い抗酸化作用で老化防止

紅茶に含まれる赤い色素の成分であるテアフラビンや紅茶フラボノイドは活性酵素を除去してくれる抗酸化作用があります。活性酵素により体内が錆びつき老化していくのを抑える効果があるので、高血圧や脳卒中、心臓病などの生活習慣病の抑制、メラニン色素を防ぎお肌の老化を抑制する効果が期待できます。その抗酸化作用は、日焼け後の肌に紅茶パックをするとメラニンの生成を抑えてくれることでも知られています。

有り過ぎです! 紅茶の健康効果

紅茶にもカテキンは豊富に含まれており、紅茶カテキンは糖分分解酵素があるのでダイエット効果もあります。カフェインが持つ脂肪分解作用や脂肪燃焼促進作用と相まって脂肪の蓄積を抑えてくれますが、糖の吸収を抑える効果ではないので注意しましょう。紅茶カテキンやテアフラビンには強い殺菌効果があり、風邪などのウイルスだけでなく一部の食中毒の菌にも有効なことから、紅茶でうがいをしたり出がらしで殺菌するのはとても有効です。ビタミンB1・B2・ナイアシンも溶け出しているので美容にも良く、ミネラルも摂取できるんですよ。紅茶の良い香りにはアロマテラピー効果があり、ゆったりと楽しむことでストレス解消にも役立ってくれます。

いかがでしたか? 紅茶にこんなにたくさんの健康効果があるのには驚きました。ティーパックの紅茶でも同じように効果があるので、これからは紅茶もたくさん飲みたいですね。


writer:しゃけごはん