清水、新主将に鄭大世が就任「苦しい時に助けられる存在になれれば」

写真拡大

 清水エスパルスは21日、2017シーズンのキャプテンがFW鄭大世に、副キャプテンがGK西部洋平、MF河井陽介、DF犬飼智也に決まったと発表した。

 2015年夏から清水でプレーしている鄭大世は、同クラブで初のキャプテン就任となった。同選手は以下のようにコメントしている。

「ピッチの上でも、それ以外の部分でも、チームが苦しいときに自分が助けられる存在になれればと思っています。チームみんなで良い方向に向かい、良い成績を収められるよう精一杯頑張っていきたいと思います」

 2016シーズンの明治安田生命J2リーグを2位で終え、1年でのJ1復帰を果たした清水。25日の明治安田生命J1リーグ第1節では、ヴィッセル神戸をホームに迎える。

https://twitter.com/spulse_official/status/833929035843399681