写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ナビタイムジャパンは2月21日、英語対応観光情報ガイドアプリ「鎌倉 NAVITIME Travel」を、iOS向けに提供開始した。

同アプリは、旅行や観光で鎌倉を訪れる人を対象に、鎌倉のおすすめスポット関連の記事を配信するもの。独自に取材をしたスポット情報を約400件紹介するなど、ナビタイムジャパンオリジナルの記事で構成する。

また、チャットボットをUIの一つに採用し、気軽な会話のやりとりから、簡単におでかけスポットを検索することも可能で、旅行の目的やエリアで絞り込み検索を行わずとも、欲しい情報を見つけることができる。

例えば、具体的に行き先が決まっていない段階で、「おなかすいた」「人気のお土産を買いたい」などと投げかけた場合でも適切な回答を受け取ることが可能。同社独自の自然文解釈エンジンとマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」、AIテクノロジーを併用することで実現したという。

なお同アプリは、インバウンド旅行者などによる英語での利用も可能。メニュー画面だけではなく、記事やチャットボットでの会話がすべて英語表記になるため、土地勘のない外国人観光客もスムーズに行きたい場所や観光情報を見つけることができる。

チャットボットでは、その特徴となる自然文解析技術により言葉のゆらぎを吸収するほか、英語に日本語を混在させた「I would like to go to 鎌倉大仏」などといった入力でも適切な回答を受けられる。

同アプリのAndroid OS版は、順次提供する予定。同時に、観光情報アプリの対応エリア拡大を目指していく。

(小松原綾)