新型iPhoneで気になるポイントの1つがシステムメモリと、データの保存に使うストレージの容量です。iPhone 8で変化はあるのでしょうか。

iPhone 8のメモリは3GBか

iPhone 8に当たる、新型ハイエンドiPhoneのシステムメモリは3GBになる、と市場調査会社のTrendForceは予測しています。

システムメモリの容量は『iPhone 7』で2GB、『iPhone 7 Plus』で3GBです。

同時に発表されると噂のiPhone 7s/7s Plusについては、iPhone 7sが2GBで、iPhone 7s Plusが3GBになると予測されています。

仮にiPhone 7sとiPhone 8が同じプロセッサを搭載していた場合、メモリ容量によって体感できる違いがあるのかは不明です。

iPhone 7とiPhone 7 Plusでは体感できる違いはなかったとするテスト結果もあります。
iPhone 7/7 Plusで異なるメモリ容量、その効果は?

iPhone 8は64GB・256GBモデルのみ?

さらにTrendForce社の分析では、iPhone 8のストレージ容量は64GBと256GBの2種類に限られるようです。

iPhone 7/7 Plusでは32GB・128GB・256GBの3種類。廉価版の位置付けになっている『iPhone SE』は16GBと64GBの2種類です。

iPhone 7s/7s Plusについては最大256GBと予測されているだけで、具体的なラインアップは不明。iPhone 7と同じようになるのでしょうか。

湾曲ディスプレイは採用せず?

iPhone 8は画面が側面に回り込むように湾曲している、との噂もありました。

しかし、TrendForce社の調査によれば、画面の品質や落下テストの結果に問題があることから、このようなデザインは不採用になったそうです。

その代わりに『iPhone 6』からiPhone 7まで続いているデザインのように、画面の縁が本体側面の湾曲と一体化したような形になるとしています。


参考

TrendForce Says New iPhone Production Volume to Exceed 100M Units This Year; AMOLED Model to Feature 3D Facial Recognition - TrendForce