写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アライドアーキテクツは2月21日、SNS広告運用に特化した専門チーム「AD Business Unit(以下、ADU)」が提供する新たな広告ソリューションとして、テレビCMの素材を活用したSNS動画広告配信・測定パッケージサービスの提供を開始した。同サービスでは、FacebookやTwitter、LINE、YouTubeから掲載面を選択して配信できる。

サイバーエージェントが行った「国内動画広告の市場動向調査」によると、2016年度の動画広告市場の規模は、前年対比157%の842億円に達すると予測されている。これに伴い同社は、今後さらにSNS広告に動画を活用する動きが活発化すると見ている。

その一方で、動画の制作にかかる費用や手間だけでなく、オンライン上に販売チャネルを持たないメーカー企業などは広告効果の測定や比較が難しいなど、動画の導入にはさまざまな課題が残されていると指摘する。

このような状況を受けADUでは、テレビCMの素材をSNS動画広告に再編集して配信し、アンケート調査で効果測定を行えるサービスとして、本パッケージの提供を開始。これにより、SNS動画広告の「制作コスト削減」と「効果の可視化」という2つの課題を解決できるという。

具体的には、映像と音声によってストーリーが構築されるテレビCMをSNS広告に活用する場合、各SNSの広告フォーマットやターゲットに合わせて動画の最適化を行う必要がある。ADUでは、これまで多数のSNS広告施策を手がけてきた実績を活かし、テロップの追加や長さ(尺)の調整といった再編集を独自に行うことで、テレビCMに込められた商品・ブランドのメッセージやイメージを損なうことなく、SNS上での最適なプロモーションを可能にする。

また、本パッケージでは、同社が提供するSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」の機能と連携し、広告配信後、動画を実際に視聴したユーザーに向けてアンケート調査を実施。視聴後の購買意欲や商品認知度の変化などの広告成果を可視化することで、より戦略的な動画マーケティングを実現する。

(小松原綾)