若き忍者ロイドたちの活躍を描く (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

写真拡大

 ブロック玩具「レゴ」を題材にした長編3Dアニメシリーズ「LEGO(R) ムービー」の最新作「ザ・レゴ・ニンジャゴー・ムービー(原題)」が、「レゴ・ニンジャゴー ザ・ムービー」の邦題で今秋に公開されることが決定した。

 2015年から3シーズンにわたってテレビ東京系で放送されている、フルCGアニメシリーズを映画化。若き忍者ロイドが、カンフーの達人ウー先生や仲間たちとともにニンジャ・シティを守るために戦う姿を描き、英語版はジャッキー・チェンらが声優として参加している。

 さらに「ニンジャゴー」新シーズンが、テレ東系「レゴタイム」内で4月4日から放送されることが決定。「LEGO(R) ムービー」シリーズの1作「レゴバットマン ザ・ムービー」(アメリカでは現地時間2月10日公開)は全米ランキングで初登場第1位を獲得し、英ブランド・ファイナンス社が2月に発表した2017年版「世界で最も有力なブランド・ランキング」では、レゴ社がGoogleやディズニーを抑え1位に輝くなど、改めてレゴ人気が沸騰している。