IT専門調査会社のIDC Japanが、日本国内の携帯電話・スマートフォンの2016年第4四半期(10〜12月)と2016年通年(1〜12月)の出荷台数を発表しました。

2016年後半から加速したガラケーからの乗換え

国内スマートフォン出荷台数は、2016年通年で2,923万台、前年比6.3%のプラスとなりました。これは、特に2016年第3四半期(7〜9月)以降に従来型携帯電話からスマートフォンへの移行が一気に進んだことによるものです。
 
2016年通年のスマートフォンのベンダー別シェアは、Appleが前年比2.4ポイント増の54.8%で首位を堅持しています。2位以下はソニーが12.6%、シャープが10.4%、京セラが7.6%、富士通6.1%と続き、これは2015年の結果と同じベンダー、同じ順位です。
 

2016年通年 スマートフォン国内出荷台数

2016年通年 スマートフォン国内出荷台数


 
IDC Japanは、「MVNO各社が推奨するSIMフリースマホの出荷台数が少数であり、大手キャリアが支配的な国内市場では苦戦しているようだ」と分析しています。

2016年第4半期の出荷台数、Appleがトップで53.9%

2016年第4四半期の出荷台数は938万台で前年同期比10.2%の増加となりました。
 
ベンダー別シェアも、1位がAppleでシェア53.9%、2位以下はソニー14.0%、シャープ8.7%、京セラ7.1%、富士通5.4%と続き、こちらも通年と同様の傾向です。
 

2016年第4四半期 スマートフォン国内出荷台数

2016年第4四半期 スマートフォン国内出荷台数

国内スマホ市場、ローエンドとハイエンドが併存へ

この結果について、IDC Japanのアナリスト菅原啓氏は、日本のスマートフォン市場は性能面では成熟期に到達しているものの、「従来型携帯電話からの乗換え需要に対応したローエンドあるいは折りたたみ式スマートフォン」と「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)プラットフォームとしてのハイエンドスマートフォン」の両方のニーズが共存することになると予測しています。
 
2017年秋には、iPhone10周年モデルとしてデザインが刷新される「iPhone8」の発売が噂されています。記録的大ヒットが予測され、Appleも量産開始を前倒しするとみられていることから、1年後にAppleがさらにシェアを伸ばしている可能性もあります。
 
 
Source:IDC Japan
(hato)