ロックバンド・KANA-BOONのベーシスト、飯田祐馬(めしだ・ゆうま)が21日に公式サイトで、一部で報じられていた女優・清水富美加と過去に不倫していたことを認め、「いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます」などと謝罪した。

 清水は17日に発売された著書『全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。』のなかで、元恋人と破局したことを告白。その交際相手がロックバンドのメンバーであることが一部で報じられ、21日に既婚者の飯田が、清水と不倫関係にあったことを所属事務所に報告したことが伝えられていた。

 バンドの公式サイトでは21日、「飯田祐馬の報道につきまして」とのタイトルを付けたメッセージを更新。飯田の不倫報道に関して関係各位に詫び、飯田の謝罪文を掲載した。

 飯田は「一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」と書き出し、清水と交際していたことを明かした。

 2014年4月に一般女性と入籍したことを綴った飯田は、「既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました」とし、清水とは不倫関係にあったことを認めた。

 2015年9月に清水に既婚者であることを打ち明け、謝罪したという飯田。だが、「清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました」と不倫関係を続けてしまったという。

 飯田は「このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております」と謝罪し、すでに清水との交際について夫人やその両親に告げ、夫婦間では解決しているとした。

 そして、「私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます」と文面を締めくくり、ファンや関係者に謝罪している。