番組MCを務める所ジョージと佐藤栞里/(C)NTV

写真拡大

日本テレビ系で放送中のバラエティー「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(毎週水曜夜7:56-8:54)。「笑コラ」の愛称で幅広い世代に親しまれ、今年の7月には21周年を迎える長寿番組だ。

【写真を見る】3月1日(水)放送のスペシャルゲストでは広瀬すずが登場/(C)NTV

所ジョージの軽快なMCや“日本列島 ダーツの旅”などの人気企画はもちろん、4代目サブMCを務める佐藤栞里の存在が番組を盛り上げる。佐藤は'14年4月に始まった企画“―朝までハシゴの旅”に出演し、'15年10月には番組レギュラーとしてサブMCに抜てきされた。

今回は、そんな佐藤に番組の見どころとともに「笑コラ」に懸ける熱い思いを、余すことなく語ってもらった。

――3月1日(水)放送の見どころは?

“日本列島 大学の旅”では、東北大学の学生さんに密着していて、日本の未来を背負う方々がたくさん登場します。

航空宇宙工学専攻でジェットエンジンの研究者が登場するのですが、研究中のエンジンが開発されると日本からアメリカまで約2時間ぐらいで行けるようになるそうです。そうなると「笑コラ」のスタッフさんは大変になっちゃうんじゃないかな。

“朝までハシゴの旅”のノリで「はい、今日はアメリカいってらっしゃい」「次はスペインね」みたいな(笑)。私自身は一つのことに熱中できるタイプではないので、あそこまで熱心に研究に打ち込んでいる姿は憧れますね。

高校野球が好きで甲子園(での試合)をよく見ているのですが、今回の“大学の旅”も高校球児と同じくらいの熱さを持って見られると思います!

――“―ダーツの旅”には、今回も個性豊かな方々が出ていますが?

今回は沖縄・恩納村(おんなそん)の方々と交流していて、いつにも増して元気なお母さんたちにたくさん登場していただけました。

私は収録前のリハーサルから参加させてもらっているので、スタジオで地元飯を振る舞ってくれる方々と仲良くなれたりするんです。今日来てくださったお母さんたちは「雪を見たことない」とおっしゃっていたんですが、今日の昼間ちょうど降ったんですよね! だからお母さんたちの楽屋まで走っていって「雪降ってる! 雪!!」ってお知らせしました。

そういう出会いも本当に楽しいんです。私もいつかダーツの旅に行けたらいいなって思ってます。

――今回もゲストが魅力的ですね。

ハリセンボンさんがいらっしゃると「何でも言っていいんだ!」って安心できるんです。MCとしてしっかりしなければいけない立場なんですけど、(近藤)春菜さんは私が唯一むちゃぶりできる存在なので(笑)、ホッとします。武井壮さんはいつも「おう、元気?」って声を掛けてくれますし、把瑠都さんはすごいおちゃめな方。

また、「1周回って知らない話」(毎週水曜夜7:00-7:56)から、川田裕美さんと岡田結実ちゃんが遊びに来てくれていて、スペシャルゲストには広瀬すずさんが登場してくれています。

以前、所さんが「ありがたいことにスペシャル回が多いから、通常の1時間の回もスペシャルくらい貴重」とおっしゃっていたんです。本当にその通りで、今回も貴重な1時間になりそうです!

――「笑コラ」は21年目を迎えますが、佐藤さん自身も小さい頃から見ていましたか?

家族みんなで見てました! ちょうど夕食の時間帯だったので「『笑コラ』始まった。ってことはご飯だ」って思っていたくらい。家族には欠かせない、家族団らんを象徴する番組でしたね。

――その番組にご自身が出ていることについては?

(サブMCになってから)8カ月ぐらいまではいつも夢を見ているみたいで、実感がない時期もあったんです。だけど徐々に所さんとお話できるようになったり、スタッフさんと仲良くなって番組のことをより知れたりっていうのを重ねていくうちに「私、ここにいていいのかもしれないな」って思い始めてきて。「『笑コラ』の一員になれたな」って、だんだん思えるようになりました。

まだまだ至らない部分はたくさんある中で、「ここがこうだったよ」と、良いところも悪いところもスタッフさんに言ってもらえるようになれたことがうれしいんです。「期待してくれているのかもしれないな」と、さらに頑張れるんです。

――所さんからは何かアドバイスをもらいましたか?

実は、所さんは言葉にするよりは背中で語ってくれるタイプ。よく「所さんからいただいた格言はありますか?」と聞かれますが、言葉としていただいたのは一緒に“ハシゴの旅”に行ったときぐらいなんです。

でも先日、ボタンを押すと「ちゃんちゃん」みたいなコントのオチで使うBGMが鳴るおもちゃをいただいたんです。「もし別の番組に出た時、(トークを)どうやって終わらせたらいいか分からなかったら、このボタンを押しなさい」と(笑)。「そうしたらみんな笑ってくれるし、『所さんにもらった』って言えば、その話が面白くなるから」って言ってくださって。大切なお守りになりました。

そういうギャグみたいだけど、心に残ることを行動で示してくれる方ってすてきですよね。ちょうど明日、別番組の収録があるので持っていきます(笑)。

――バラエティーへの出演が増えていますが、「笑コラ」で鍛えられたスキルはありますか?

一番は視野が広がったかなと感じています。MCの立場になると、周りの方々を見ながら話すことが大切なので特にリアクションや発言するタイミングは勉強させてもらっています。

まだまだ自分自身で精いっぱいで、溺れてしまうんですけど…(笑)。他の番組での経験も、いつか「笑コラ」に返していきたいと思っています。

――佐藤さんにとって「笑コラ」とは?

ありきたりですけど、家族です。番組が私を生んでくれて(見つけてくれて)、スタッフさんも兄弟のように仲良しで、親のように叱ってくれる方もいる。一つの大きな家族みたい。

だからこそ、いろいろ経験をして恩返しをしていきたいんです! 視聴者の皆さんには「よし!『笑コラ』までに帰らなきゃ」と気合を入れて見るのではなく、緩〜い気持ちで見ていただければ(笑)。家族の一員のような感覚で楽しんでください!

【3月1日(水)放送内容】

“―ハシゴの旅”では、ラブリが故郷の愛媛・松山市で飲み明かす。ラブリは祖父母が経営する居酒屋店にサプライズで突入を試みる他、思い出の定食店を訪ねる。

ほか、岡田将生が登場する“スペシャルゲストクイズ”、波瑠が活躍する“日本列島 マイクを拾っちゃったら―”を放送。スタジオゲストは新納慎也、上地雄輔、陣内智則、ラブリ。