出張族の味方、ビジネスホテルを満足度でランキング!

写真拡大

J.D.パワーは、毎年「日本ホテル宿泊客満足度調査」を発表しています。調査は、1泊あたりの価格と部屋の面積によってホテルを4部門に分け、それぞれの部門の中で宿泊者の満足度をランク付けしているものです。この中で、1泊9000円〜1万5000円未満の部門と、1泊9000円未満の部門は、いわゆる“ビジネスホテル”と呼ばれるグループ。今回はこの2部門にスポットを当て、その調査結果を踏まえつつ、ビジネスホテルを利用する上で、上手な選び方と活用法を考えてみましょう。

ビジネスホテルは
「泊まる」ことに特化したホテル

 ビジネスホテルは、出張が多いビジネスマンの強い味方。「ビジネス」という言葉がついていますが、最近は女性、カップル、家族向けのプランに力を入れているホテルもあり、プライベート旅行で利用する人も増えています。

 利用する機会が広がり、サービス内容などが多様化するほど、ホテルの選択肢は増えます。特に予約サイトで検索する時、数多くの候補が出てきて迷うことがあるかもしれません。

 そのような時に参考にしてほしいのが、J.D.パワーが毎年行っている「日本ホテル宿泊客満足度調査」。調査の聞き取り項目は、「予約」「チェックイン・チェックアウト」「客室」「F&B(料飲)」「ホテルサービス」「ホテル施設」「料金」の7つ。対象のホテル(計151ブランド)を平均宿泊価格や客室面積で4部門に分け、このうち今回は“ビジネスホテル”と呼ばれる1泊9000円〜1万5000円未満の部門と、1泊9000円未満の部門に絞り込み、1000ポイント(pt)満点で総合満足度をランキングにしました。2016年の調査結果は以下の通りです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)