インスタ映えする“アンニュイ”な画像加工テク iPhoneの標準機能で作れる♡

写真拡大

iPhoneの標準機能だけでインスタに載せたくなるような“アンニュイ”な写真に加工する方法があります! 3ステップでできて、とても簡単な方法なので、ぜひ試してみてください♡


アンニュイってどういう意味?


アンニュイはフランス語で、直訳すると「退屈」という意味ですが、「落ち着いている女性らしい雰囲気」というポジティブな意味でも使われます。

今回紹介するのは、そんな、「ぼやけていて、少し暗め、色があまりついていなくて良い意味で落ち着いている」アンニュイな画像加工方法。専用のアプリを使わずともできるんですよ!

まずは写真をきれいに撮ろう!



できるだけ明るい場所で写真を撮ってください! ここで明るくキレイな写真を撮っておけば、写真を調整しても「加工した感」が出にくくなります。明るい写真を撮る方法としては、太陽の当たる場所で撮るか、室内であれば電気をつけるだけでOK! 

撮る対象は、花やコスメなど「女性らしいもの」がアンニュイなイメージになりやすくオススメです。モノだけではなく、人物や街並みでも、どこか「女性らしさ」を感じればアンニュイな写真になるはずです。

アンニュイな写真に加工する方法!


1.ぼやけたフィルターを使おう!


iPhone標準機能のフィルターは、工夫して使えばすごく優秀です! 今回の写真では「インスタント」を使ってみました。

ぼやけたフィルターを使うと、アンニュイな雰囲気にグッと近づきます。「フェード」、「トランスファー」、「インスタント」あたりを使うと、ぼやけた感じが出せるのでオススメです! この中から好みのフィルターを選んでください。

2.明るさを調整しよう!


ここでは写真を明るすぎない色に調整してください。写真の中の一番明るいところが、“陶器のような真っ白さ”にならない程度に明るさを調整するのが目安です。

3.色合いを調整して完成!


目に見える色より、濃い色にしないところが色の調整をするときのポイントです。今回は「彩度」を少しだけあげました。

彩度をあげるほど、パッと見の印象が良く、目立つ写真ですが、後から見ると安っぽい写真に見えることもあります。手作りアクセサリーの写真や古着を売るときの写真などの商品写真であれば、目に見える色と同じ色に近づけることが重要ですが、今回はインスタのための写真なので、彩度は低めに設定するとおしゃれです。

iPhoneでは、「コントラスト」、「色合い」も調整できますが、ここでは「彩度」のみを調整するのがオススメです。「コントラスト」を使うと色がハッキリしてしまい、アンニュイな雰囲気は出ません。また、「色合い」はブルーやオレンジ色を調整するときに使います。「彩度」は純粋に色のみを調整してくれます。


調整が終わったら、これで完成です! インスタにあげるときに好きなサイズに切り取ってアップしてください。


スマホだけでもステキな写真が撮れるので、たくさん写真を撮って楽しんでください!
(あみれ)