いつまでも、彼から女としてみられたい――そう思うのであれば、“色気”を忘れてはいけませんよね。でも、具体的にどうしていいかわからないというみなさまに、女性としてするべき習慣をご紹介します。少しでも長く、彼とラブラブでいられますように。

いつまでも「女」であるためにするべき習慣

1: 劣化を開き直らない

年齢を重ねていけば、見た目が衰えていくのは仕方がないこと。しかし、それを開き直ってしまったら、「女」からはどんどん遠のき、「おばさん」へとまっしぐらです。
子どもを産んだら太ってもしょうがない。30過ぎたらお尻が垂れてもしょうがない。そういって、体のケアを怠ってはいませんか? 努力するほど、女性の外見は変わっていきます。劣化を受け入れるのは、まだ早いですよ。

2: 恥じらいを忘れない

大人になればなるほど、大声ではしゃぐのは、おばさんっぽくみえてしまいます。大人の女性には、ある程度、おしとやかさが必要です。元気でかわいいと言われるのは、女の子でいられるあいだだけ。恥じらいは大切です。
家のなかでも、下着姿でウロウロする、彼の前で着替える、自分の下着を洗濯させる、なんて行為はやめましょう。恥ずかしがる姿は、女性が思う以上に、男性の心を惹きつけます。

3: 話し方は優しく

話し方には、女性らしさがダイレクトにあらわれます。付き合い初めの頃は、「なーにー?」と、優しく聞き返していたのに、月日が経つにつれ、「なに!?」というようなトゲトゲしい言い方をしていませんか? 優しくゆったりしたしゃべり方でないと、色気は出ません。不機嫌なおばさんっぽくなってしまうので要注意。

4: 部屋着の数はなるべく多く

彼と一緒に暮らしている場合、いちばん多くみせるファッションは、どうしても部屋着になってしまいますよね。セクシーならいいというわけでもなく、大切なのはバリエーションを増やすこと。スウェットの日もあれば、モコモコでかわいい系の日もあり、大人っぽくワンピースの日もあるなど、新しい刺激を与え続けてください。毎日同じような格好の女性に、欲情し続けることはできません。

5: 定期的にイメチェンをする

部屋着だけでなく、髪型や普段のファッションも定期的にチェンジしましょう。カジュアルからフェミニン、エレガンスからボーイッシュなど、さまざまなジャンルに挑戦することで、新しい自分の魅力も発見できますよ。ただし、彼が苦手なジャンルはしっかり把握しておきましょう。ロングヘア好きな彼と付き合っているにもかかわらず、ショートカットにしたことで、セックスレスになってしまった、なんてこともあるのです。彼の好みを考慮しつつ、オシャレを楽しみましょう。

次回も引き続き、後編をご紹介します。