中国大学生茶芸クラブ予選集中合宿が13日、浙江大学でスタートした。今回の合宿に参加するのは全国各地の大学から参加した大学生たちで、茶芸に対する熱い思いだけでなく、その茶芸レベルに勝るとも劣らないルックスを備えている。

写真拡大

中国大学生茶芸クラブ予選集中合宿が13日、浙江大学でスタートした。今回の合宿に参加するのは全国各地の大学から参加した大学生たちで、茶芸(中国茶の茶道)に対する熱い思いだけでなく、その茶芸レベルに勝るとも劣らないルックスを備えている。中国青年網が伝えた。

【その他の写真】

中国茶に対して彼らは、「中国の礼儀文化は建築や酒、茶など、そのほとんどが物に関係している。なかでも茶は比較的容易に触れることができ、取り入れることができるものだ。そのため私たちのような大学生にとって茶文化を学ぶことは比較的容易だと言える。茶を学ぶことで様々なことを理解することができる」としている。(提供/人民網日本語版・編集TG)