フってもフラれてもやっぱりツライ!! 失恋から上手に立ち直る方法

写真拡大

失恋は、振ったほうも振られた方も辛い想いをするものです。
別れた相手のことが忘れられず、なかなか立ち直ることが出来ませんよね。

そこで今回は、失恋で振った場合と振られた場合の立ち直り方を、それぞれご紹介いたします!

●自分から振った場合

●(1)なぜ別れたのかもう一度よく考えてみる

『何度も「やっぱり別れないほうがよかったんじゃ?」と思ったけど、今後の人生を共にすることは考えられない。だからこそ「別れる決断」をできた自分は間違ってなかったと思えます』(30歳/ヨガ講師)

自分から相手を振った場合でも、「あの時私がもっと我慢しても良かったんじゃないか」等と悩むことは多いです。
でも、自分から別れを告げたのには必ず何か理由があるハズ。
別れた理由をもう一度よく考えれば、「仕方なかった」と諦めが付く と思います。

●(2)振った自分を責めない

『別れてしまったのは誰のせいでもない。相手も他の人とならうまくいくかもしれないし、私だって他の男性とうまくいくかもしれない。くよくよしてるのは時間のムダだと思ってます』(24歳/派遣社員)

彼氏を振ったことで、「彼は今でも悩んでいるんじゃないか」「傷ついているんじゃないか」と自分を責めてしまうことがあります。
しかし、自分から終わらせた恋愛のことをずっと考えていても、先には進めません。

十分に悩んで出した結論なのであれば、必要以上に自分を責めるのは止めましょう。

●(3)新しい出会いを探す

『人生、恋愛1回で終わるわけじゃない!これからなので、前の経験を活かして次へすすむのみ!!』(28歳/事務職)

恋愛の傷を癒すには、新しい恋を探すのが一番です。
積極的に、出会いの場に出向いてみてください。

今回の失恋での反省点を生かせば、必ず次の恋は上手くいくはずです。

●相手から振られた場合

●(1)自分に悪いところがあれば反省する

『いつも同じよな理由で振られているので、反省して切り替え!あんまりクヨクヨしてると同情もされたりするので……』(25歳/介護)

なかにはどうしようもない場合もありますが、振られたのには必ず何らかの原因があります。
自分を責めすぎる必要はありませんが、もし自分に何か悪いところがあると思ったら、反省して次の恋に生かすことも必要です。

●(2)自分からは絶対に連絡しない

『終わった恋にはちゃんと蓋してます。もう1回あったところでどうにもならないですからね』(32歳/営業)

彼に未練がある場合、どうしてもまた連絡したくなるでしょう。
しかし、未練タラタラのままではいつまで経っても次の恋に進めません。
そこはグッと我慢して、こちらから連絡は一切しないようにしてください。

●(3)広い視野で周りを見てみる

『いつも一緒に愚痴と呑みに付き合ってくれる友達に感謝。恋するだけが人生じゃない。仕事に友達に家族に……。そんな人たちに囲まれてることにとにかく感謝ですね!』(33歳/建築デザイナー)

彼に振られたときは、どうしても別れた彼のことで頭が一杯になりがち。
そんな時は、よく周りを見渡してみましょう。
貴方を支えてくれる友達や、家族がいるはずです。

悲しいときこそ広い視野で周りを見て、自分を励ましてくれる人たちに感謝の気持ちを忘れないようにしてください。
感謝の気持ちを忘れなければ、きっとすぐにまた素敵な出会いが訪れることでしょう。

----------

自分から振った場合も、相手から振られた場合も、恋人との別れは本当に辛いですよね。
しかしそこで立ち止まらず、次の恋に生かせば、今よりもずっと素晴らしい恋に繋がるはずですよ!

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)