清水富美加への思いを語った飯豊まりえ

写真拡大

 宗教団体「幸福の科学」への出家を公表した清水富美加が、飯豊まりえとダブル主演を務めた映画『暗黒女子』の完成披露試写会イベントが21日、清水不在のまま都内で開催され、舞台あいさつに登場した飯豊と耶雲哉治監督が切ない胸の内を明かした。イベント中には清水について言及した飯豊が、声をつまらせて涙を浮かべる一幕もあった。

 「幸福の科学」に出家し、法名を「千眼美子」として神のために生きることを宣言した清水だが、人気女優の突然の行動に映画業界は混乱。本作の公開についても不安の声が上がっていたが、当初の予定通り4月1日に公開することが決定し、本日の完成披露試写会を迎えた。イベント冒頭にはMCから「本日、清水富美加さんは事務所側からの申し出により欠席となります」とアナウンスされた。

 同作に清水とともに主演した飯豊は「富美加ちゃんと今日ここに一緒に立てなかったのは、本当に残念に思っています。富美加ちゃんはどう思っているかはわからないですけど、わたしは富美加ちゃんの人柄がすごく好きですし、一緒に頑張ろうねと言っていた」と撮影時を振り返る。そして、こみ上げる思いに時折声を詰まらせる場面もあったが、隣に立つ平祐奈に背中をさすられながら、「みんなで一生懸命作り上げたことに嘘はないので、一人でも多くの方に届けられるように、今いるみんなと頑張りたい」と力強く語った。

 耶雲監督は「この映画はキャスト・スタッフ全員で挑戦して作った作品です」と声を張ると、飯豊がクランクインする前から役を自分の中に取り入れようと特訓をしていたことや女優として新たな一面を開花させたことを紹介。清水については「今日、同じ舞台に立つことができず残念ですが、彼女も役を真面目に考えてくれて、どうすればこの映画が面白くなるか、どうすればお客さんが喜んで驚いてくれるか……と積極的に演技プランやアイデアを出してくれました」と明かした。さらに、「(清水が演じた)小百合というキャラクターは清水富美加という女優でなかったら存在しなかったし、生まれることはなかったというくらい凄みのあるキャラクターになっています。ヤバイです」と清水の女優魂に称賛の声を送っていた。

 本作は、聖母マリア女子高等学院という女子校で起きた全校生徒憧れの美少女・いつみ(飯豊)の謎の死をめぐり、疑惑をかけられた文学サークルのメンバーたちが朗読によってそれぞれが考える犯人を告発するという衝撃の騙し合いミステリー。作家・秋吉理香子の“イヤミス”(後味の悪いミステリー)小説が原作となっており、清水は、死んだいつみに代わってサークルの会長になった小百合として出演している。この日は、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、千葉雄大、秋吉も来場した。(取材/錦怜那)

映画『暗黒女子』は4月1日より全国公開