1ゴール1アシストでMOMの金崎「口先だけでなくグラウンドで示す」

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第1節が21日に行われ、鹿島アントラーズは2−0で蔚山現代(韓国)を下し、白星スタートを切った。

 鹿島は64分にCKからFW金崎夢生が先制ゴールを挙げると、終盤の82分には金崎のパスからFW鈴木優磨が貴重な追加点をマーク。守ってはGKクォン・スンテを中心に相手に反撃を許さず、完封勝利で勝ち点3を獲得した。

 1ゴール1アシストの活躍でこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された金崎は、試合後のインタビューで次のように語った。

「とにかくホームで、ACLでしっかり勝てたのが大きいです。JリーグとACLでいい位置までいけるように頑張ります。口先だけでなく、しっかりとグラウンドで示せるように頑張ります」

 鹿島は25日に2017明治安田生命J1リーグ開幕節でFC東京と対戦。その後、28日にACLグループステージ第2節でムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦する。