先制点を決めた金崎夢生【写真:Getty Images】

写真拡大

【鹿島アントラーズ 2-0 蔚山現代FC ACL GS第1節】

 アジア・チャンピオンズリーグ・グループステージ開幕節が行なわれ、鹿島アントラーズはホームで蔚山現代FCと対戦。金崎夢生と鈴木優磨のゴールで快勝を収めた。

 2016年のJリーグ王者としてACLに参加している鹿島。初戦は現在Kリーグで4位と波に乗れない蔚山。今季初戦ということで、両チームともに慎重な立ち上がりを迎える。

 前半をスコアレスで折り返すと、64分に金崎が鹿島に先制ゴールをもたらす。CKから打点の高いヘディングシュートを沈めた。さらに終盤の82分には鈴木が金崎のポストプレーから抜け出し、技ありシュートでゴール左に流し込んだ。

 そのまま試合は2-0で終了。同日行われた浦和レッズとともに、鹿島がACL初戦勝利を挙げている。

【得点者】
64分 1-0 金崎(鹿島)
82分 2-0 鈴木(鹿島)

text by 編集部