【2017 J1チーム診断】3年目を迎えるモンバエルツ体制、新世代の台頭へ《横浜F・マリノス》

写真拡大

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はストーブリーグを賑わせ世代交代を推し量った横浜F・マリノス編をお届けする。

◆トリコロールを背負う新世代の台頭へ

▽今オフ最もストーブリーグを賑わせたと言っても過言ではない横浜FM。エースMF中村俊輔がジュビロ磐田へ移籍すると、DF小林祐三がサガン鳥栖、MF兵藤慎剛が北海道コンサドーレ札幌、GK榎本哲也が浦和レッズとチームを支えてきた選手が退団した。一方で、DF松原健(アルビレックス新潟)、DF山中亮輔(柏レイソル)、MF扇原貴宏(名古屋グランパス)と若手を獲得。さらに、MF齋藤学の残留も確定し、ベテランと若手の融合で結果を残したい。

◆2017シーズンの注目ポイント

▽注目ポイントはベテランと若手のバランスだ。前述の3名が退団したとはいえ、DF中澤佑二(39)、DF栗原勇蔵(33)、MF中町公祐(31)など経験豊富な選手は残っている。昨シーズン頭角を現したMF天野純(25)やDFパク・ジョンス(22)、新加入のMFダビド・バブンスキー(22)、DFミロシュ・デゲネク(22)と若手がベテラン勢を追い越す活躍を見せられるのか。ユース出身のMF遠藤渓太(19)やMF中島賢星(20)など、将来が楽しみな選手は多く控えている。

◆予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:飯倉大樹

DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、金井貢史

MF:喜田拓也、中町公祐

MF:マルティノス、バブンスキー、齋藤学

FW:ウーゴ・ヴィエイラ▽基本フォーメーションはこの2シーズンと同じ[4-2-3-1]。ディフェンスラインには、DF小林祐三、DFファビオの代わりに、新戦力のDF松原健、DFデゲネクが入るだろう。DFパク・ジョンスがキャンプ中に負傷した影響もあり、デゲネクが堅守のカギを握りそうだ。また、トップ下はMF天野純とMFダビド・バブンスキーがポジションを争うことになりそうだ。チームに早くフィットした方が、レギュラーとなるだろう。1トップは新戦力のFWウーゴ・ヴィエイラ。長年の悩みであるストライカーとして活躍できるかがチームの成績を左右するだろう。

◆期待の新戦力
(C)CWS Brains,LTD.
FWウーゴ・ヴィエイラ(ポルトガル)

1988年07月25日(28歳)

2016シーズン(セルビアリーグ):10試合7得点▽バルセロナの下部組織出身のバブンスキーやオーストラリアの新鋭・デゲネクにも注目が集まる中、チームの成績に直結するであろうFWウーゴ・ヴィエイラを注目選手に挙げる。横浜FMの大きな課題として長年頭を悩ませているストライカー問題。セルビアの名門レッドスター・ベオグラードで残した多くのゴールを日本でも奪えるのか。その右足にチームの命運が懸かっている。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF齋藤学(日本)

1990年4月4日(26歳)

2016シーズン(J1):33試合10得点▽言わずもがな、横浜FMの未来を担うMF齋藤学が今シーズンのキーマンだ。欧州への移籍に悩む中、チームと契約を更新。背番号もMF中村俊輔が背負っていた10番に変更し、キャプテンにも就任した。昨シーズンは2桁得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも選出。昨シーズン以上の期待を懸けられる今シーズンはどのようなパフォーマンスを魅せるのかに注目だ。