写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Amazon.co.jpは、テレビに接続して使うスティック型のメディアストリーミング端末「Fire TV Stick」を4月6日に発売すると発表した。すでに予約の受付を開始している。価格は税込み4,980円。

Fire TVシリーズは、テレビとHDMIで接続することで、AmazonビデオやHulu、Netflix、YouTube、Abema TV、dTVといった動画配信サービスなどが利用できるストリーミング端末。2017年からJリーグ全試合を配信する「DAZN」にも対応する。また、Amazon.co.jpが提供する「プライム・ビデオ」や「Prime Music」、ゲームのプレイも可能だ。

新モデルでは、プロセッサを従来の「Broadcom Capri 28155」(2コア/1.0GHz)から、MediaTek製の4コアCPU(1.3GHz)に強化したほか、IEEE802.11ac対応無線LANやBluetooth 4.1を新たにサポート。さらに従来は別売りだった音声認識リモコンを標準で同梱する。

このほか、メモリは1GB、ストレージは8GB。インタフェースはHDMI 1.4b×1、Micro USB×1(電源用)。本体サイズはW85.9×D30.0×H12.6mm、重量は32g。従来モデルとの比較は以下の通り。