舞台挨拶で涙ぐんだ飯豊まりえ

写真拡大

 秋吉理香子氏のミステリー小説を映画化した「暗黒女子」の完成披露試写会が2月21日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の飯豊まりえ、共演の清野菜名、平祐奈、玉城ティナ、小島梨里杏、千葉雄大、メガホンをとった耶雲哉治監督、原作者の秋吉氏が舞台挨拶に出席した。

 「幸福の科学」への出家に伴う芸能界引退騒動の渦中にある清水富美加が飯豊とともに主演しているが、この日はやはり欠席。舞台挨拶開始直前に司会者から「事務所側からの申し出により欠席」というアナウンスがあったきり、登壇陣の口から清水の話題が持ち上がることはなかったが、終盤に飯豊と耶雲監督が思いの丈を打ち明けた。

 主演の一角を担い、清水とともに撮影現場をけん引し続けた飯豊は、「富美加ちゃんが、今日ここに一緒に立てなかったのは本当に残念に思っています」と切り出す。「富美加ちゃんはどう思っているかわからないですが、私は富美加ちゃんの人柄がすごく好きで、『一緒に頑張ろうね』と言っていたので……」と涙で声を詰まらせながらも、「この作品は富美加ちゃんも含め、皆で一生懸命作り上げたことに嘘はないので、キャストの皆と監督、関係者の方々と、1人でも多くの方に届けられるように頑張っていきます」と真摯な言葉を投げかけていた。

 さらに耶雲監督も、「キャスト・スタッフ全員で挑戦した作品。特に清水富美加さんと飯豊さん、主演の2人が、ちゃんと頑張って真正面から役を見つめて、体当たりでやってくれました」と明かす。清水に対しては「今日、同じ舞台に立つことが出来なくて残念」と話し、「本当に真面目に役を考えてくれて、どうすれば映画が面白くなるか、お客さんが驚いてくれるかをすごく考えてくれて、一緒にそういう話もしました。現場でも率先して演技プランやアイデアを出してくれました。清水さんが演じたキャラクターは、清水富美加という女優でなかったら、存在しなかった。それくらいすごみのあるキャラになっていて、やばいです。早く見てほしいです」と惜しみない称賛を送った。

 また降壇する間際、舞台袖に陣取った報道陣から飯豊に質問が飛んだが、飯豊は「ありがとうございました」と客席に深々とお辞儀し去っていった。この日はスチールカメラ・テレビカメラ合わせて70を超える媒体が駆けつけ、改めてその注目度の高さをうかがわせた。

 「暗黒女子」は、嫌な読後感を抱くミステリーを指す“イヤミス”界に旋風を巻き起こした同名小説を映画化。セレブが通う聖母マリア女子高等学院の文学サークルを舞台に、ある生徒の死をめぐって美少女たちが裏の顔と悪意をのぞかせる姿を描いた。4月1日から全国で公開。