キングコング:髑髏島の巨神

写真拡大

全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者"キングコング"を描くアドベンチャー超大作『キングコング:髑髏島の巨神』。3月25日(土)より全国ロードショーとなる今作をひっさげ、主役のトム・ヒドルストンの初来日が決定! あわせて、アカデミー賞を受賞した『ルーム』以来1年ぶりとなるブリー・ラーソン、2012年の『アベンジャーズ』以来となるサミュエル・L・ジャクソンの来日も決定した。

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない「髑髏島(ドクロトウ)」だった...。髑髏島の巨神=モンスターの王者"キングコング"は、2020年には、日本が生んだキング・オブ・モンスターである"GODZILLA(ゴジラ)"と"神"対決することも発表されている。

3人が来日するのは公開を直前に控えた3月14日(火)と15日(水)。ジャパンプレミアにて、洋画作品として史上初となる全長120.1mのゴジラ・ロードに敷かれたレッドカーペットで日本のファン1000人と対面予定! 2020年に公開される"巨神"キングコングVS日本が生んだ"怪獣王"ゴジラを彷彿させる演出も予定しており、会場は熱気に包まれること間違いないだろう。

また、待望の来日決定を記念する3ショット動画メッセージが到着! この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく。

『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 3D/2D/IMAX公開。(海外ドラマNAVI)