岡山、クラブ史上初の中国人FW王が期限付き移籍満了により退団

写真拡大

 ファジアーノ岡山は21日、広州恒大から期限付き移籍で加入していたFW王靖斌(ワン・ジンビン)が移籍期間満了にともない退団することを発表した。

 現在21歳の王は186センチメートルの長身FW。貴州人和ユースから広州恒大へ加入し、昨年7月から岡山へ期限付き移籍していた。

 岡山ではクラブ初となる中国人選手であったが、J2リーグ戦、天皇杯ともに出場はなかった。