写真提供:マイナビニュース

写真拡大

韓国の女性専門韓医院「SHE'S・韓医院(シーズ・ハニウォン)」(韓国ソウル特別市 江南(カンナム)区)はこのほど、日本人を対象に日本語に対応した無料の公式相談センターを開設した。

同院は女性による、女性のための子宮治療・韓方童顔化治療・抜け毛治療クリニック。韓国の漢方治療法である韓方(ハンバン)治療と女性特有の体の悩み改善、美容ケアを組み合わせた女性のためのプログラムを展開している。医療スタッフをはじめ、受付、日本語コーディネーターまで、全員が女性であるとのこと。

「子宮セラピー」は、下腹部や陰部周辺、骨盤、下半身など子宮に直結するツボにじかにアプローチし、子宮の機能異常を改善する治療法。老廃物を取り除き子宮の免疫環境を整え、血のめぐりを良くする温熱療法を重視しているという。

「頭皮セラピー」は、抜け毛に悩む女性に向けたプログラム。女性の抜け毛の原因は、毛髪の根である毛のう細胞の損傷と、免疫力・ホルモンバランスの低下にあるとのこと。抜け毛治療から頭皮ケア、毛髪のスタイリングを考慮したメディカル視点の抜け毛治療まで幅広く実施している。

「童顔鍼(30分〜)」は、肌に薬物を注入せずに肌ケアができる韓方鍼のこと。細かいシワやたるみが気になる人や、肌のハリを取り戻したい人などにおすすめだという。平均50歳の女性28名を対象に3週間5回にわたり童顔鍼を行ったところ、平均的な肌のハリが50代後半から40代前半に改善したという結果も出ているとのこと。

同院は、日本の女性誌で紹介されて以来、日本人女性が多く訪問するようになったという。また、施術について関心を持ち、問い合わせをする日本人も増えていることから、日本語に対応した公式相談センターを開設した。相談センターはメールのほか、LINEや国際電話でも受け付ける。公式サイト(日本語)でも、詳細を案内している。

(フォルサ)